サイト内検索

※桜美林大学の情報を探す

リベラルアーツ

公共政策専攻プログラム

問題に果敢に取り組み具体的な解決策を提示する

学習のポイント

  1. 現代社会を理解するための理論や知識を基礎からわかりやすく学べるカリキュラム
  2. プレゼンテーション大会や街づくりの企画立案など、学生参加型の授業を用意
  3. 仕事や人生で直面する課題に果敢に挑戦し、具体的な解決策を提示できる人材を養成

現代社会は「市場」を中心に動いています。市場の競争が生み出す効率的な経済と技術革新のおかげで、私たちの生活は確かに便利になりました。しかしその一方で、今私たちの社会は、市場のさまざまな副作用に直面しています。競争の結果、「雇用不安」や「格差社会」が進行し、「フリーター」や「ニート」など、働くことに意義を見い出せない若者も増えています。また、年金・医療・保育・介護など人々の暮らしを下支えする「セーフティー・ネット」の充実が求められています。さらに、環境・資源問題は地球的規模にまで拡大しています。
本専攻では、身近な問題からグローバルな問題まで、私たちが直面する公共の問題を分析し、その解決にはどのような「政策」が必要なのかを考えていきます。

主な科目

政治経済学
マクロ経済学
ミクロ経済学
経済史
経済政策
財政学
地方財政論
公共経済学
社会政策
労働経済論
環境経済論
資源・エネルギー論
生活経済論 など

ページトップ