Close
COLLEGE OF ARTS AND SCIENCES リベラルアーツ学群 人文領域プログラム/社会領域プログラム/自然領域プログラム/統合型プログラム COLLEGE OF ARTS AND SCIENCES リベラルアーツ学群 人文領域プログラム/社会領域プログラム/自然領域プログラム/統合型プログラム

2021年4月
リベラルアーツ
学群の学び方が
変わります

この学群がめざすこと

多様な学問を通じて社会に貢献する、国際性を有した「自立した学習者」を育成。

リベラルアーツ学群では、関心に応じて各分野の専門性を深く学ぶと同時に、幅広い学問に触れることにより、ひとつの専門の枠に捉われない自由な学際的思考を身につけることをめざします。加えて、留学やサービスラーニングなどの体験を通して、国際性や多様な文化を理解する力、学問を通じた社会貢献ができる力を身につけます。多様な学問を通じて社会に貢献する、国際性を有した「自立した学習者」(Independent Learner)を育成します。

News

2020/09/11
各専攻プログラムの紹介動画を掲載いたしました。
取得できる資格・免許に関する動画を掲載いたしました。

何が変わる?

新しいリベラルアーツ学群を
理解するための3つのポイント

Point.1 入学時に3つの領域からひとつを選択: 基礎力の強化

2021年から、受験生は出願時に「人文」「社会」「自然」の3つの領域の中から希望の領域をひとつ選択します。この狙いは、好きな領域・得意な領域で学問の基礎的な方法論を身につけ、大学での学びの足場をつくることにあります。また、同時に他の領域も学んで学際的思考を身につけることもめざします。リベラルアーツでの学びを学生の好きな領域・得意な領域から開始し、専門性を育んでいくことを目標にしています。

好きな領域・得意な領域から、学びをスタート! 人文領域 社会領域 自然領域
自分に合った学びの組み合わせを作る。言語学×国際協力 経済学×心理学 化学×社会学 組み合わせは自分次第!

Point.2 自分だけの学びをデザインする: 30の専攻が交わる学際的カリキュラム

学生はメジャー(主専攻)、それとは別領域に属するマイナー(副専攻)を必ず選択します。メジャーとマイナーが必修となることで、ひとつの学問分野の知見では解決できないような課題に対し、学際的な思考で取り組むことができます。メジャー、マイナーはひとつずつだけでなく、さらに追加していくことも可能です。こうした学問の掛け合わせによって、誰にも真似できないあなただけの学びをデザインできます。

Point.3 現代社会の課題を解決する: 多彩な「統合型プログラム」が誕生

現代社会においては複雑な課題が次々と生まれています。国連では持続可能な開発目標(SDGs)として、17の目標と169のターゲットを掲げています。SDGsに見られるような課題の解決には、複数の学問領域の知識が必要となります。リベラルアーツ学群では、新たに「統合型」というプログラム群を設け、現実的な問題の解決に取り組める、新しいプログラムを開設しました。また、既存のプログラムの内容を刷新しました。

新設される統合型プログラム

  • 多文化共生
    自分と文化や価値観が異なる人々の現状を理解し、平和な関係を築くことをめざす。
  • 地域デザイン
    地域やまちづくりに関わる幅広い知識と専門的な技能を身につける。
  • データサイエンス
    データを数学、統計学的に扱い、さまざまな視点から議論できることをめざす。
  • 科学コミュニケーション
    市民が科学を理解するためのパブリック・コミュニケーションの方法を学ぶ。
  • ビッグヒストリー
    宇宙・生命・人間の本質や存在の意味を、138億年の地球宇宙史から考察する。

リベラルアーツの学びは
社会課題の解決をめざす

〜仲間とともに「探求の旅」に出発しよう〜

STEP1 まずは自分が選んだ領域で旅の準備を始めよう 学び方を学ぶ。 基礎教育科目、専門基礎科目 STEP2 複数の国を旅して経験値を高めよう 学際的に学ぶ。メジャー、マイナー選択 STEP3 社会課題の解決は異なる国を旅した者同士で取り組もう 学びを活かす。探究から社会課題の解決へ

貧困、格差、環境といった複雑な社会課題は
「多分野にまたがる知」を駆使する
リベラルアーツの力がなければ解決できません。

詳しくはこちら
※外部サイト

リベラルアーツ学群に
おける学びの3ステップ

学び方を学ぶ

まず、基礎教育科目を通して、大学での「学び方」を学びます。同時に、入学時に選択した人文・社会・自然の領域で学問をパッケージで学んで、大学での学びの足場を築きます。また、留学を通して人と向き合い、社会経験を積むこともできます。資格取得をめざして、体系的なプログラムも同時に学ぶことができます。「探究の旅」の準備をする段階といえるでしょう。

学際的に学ぶ

学生は、人文、社会、自然および統合の4領域のプログラムから、メジャー(主専攻)と、それとは別領域に属するマイナー(副専攻)を必ず選択します。これらは、入学時に選んだ領域以外からも選ぶことができます。自分の専門を深めてレベルアップを図ると同時に、異なる領域を組み合わせて学び、学際的な思考を身につけることをめざします。異なる国(専門)を旅しながら、ぜひあなただけの学び、あなただけの経験を積み重ねてください。

社会課題の解決に取り組む

現代の社会課題の解決に活かすために、各分野の課題を深く掘り下げる専攻演習科目や実践的な活動を行う探究サービスラーニング科目を通して、課題解決力や実践力のさらなる向上をめざします。これらの学びは異なる領域で学んできた学生同士で行われることもあります。

リベラルアーツ学群の
カリキュラムの概要

【専門科目】【課題探究・実践科目】

3層のカリキュラム

基盤を築き、応用に取り組む。
それは「学而事人」の精神そのもの

リベラルアーツ学群は「学而事人」という建学の精神のもと、学問を通じて社会に貢献し、広く活躍できる学生を育てることをめざしてきました。人文科学、社会科学、自然科学を問わずさまざまな学問を学び、3・4年次には「専攻演習(ゼミ)」に参加し、「卒業論文・卒業研究」や「サービスラーニング」に取り組みます。

基礎教育科目

外国語の学習や、論理的思考力、書く力、表現する力を養う科目、アドバイザー教員と議論しながら、4年間の研究や学び方を修得する科目などがあります。

専門基礎科目

人文領域、社会領域、自然領域の3領域の科目群から構成されます。早期から自領域を中心に専門分野を学び、基礎力を育成、すなわち、足場を固めます。

専門科目

専攻科目と課題探究・実践科目に分かれます。専攻科目は、4領域30のプログラムで構成されます。この中から異なる領域に属する2つのプログラムを選び、メジャーとマイナーを履修します。ダブルメジャーの組み合わせも可能です。課題探究・実践科目では、各分野の課題を深く掘り下げるために、専攻演習や卒業論文・卒業研究があります。課題解決力や実践力を向上させるために、「探究サービスラーニング」や「卒業サービスラーニングプロジェクト」があります。

リベラルアーツの
プログラム

人文領域プログラム

人文領域では、主に人文学の領域に属するプログラムから構成されます。人文学とは、人間そのもの、人間の生き方、人間からつくり出されたものを対象とする学問です。 「文学」「言語学」「哲学」「宗教学」「心理学」「コミュニケーション学」の6プログラムから構成されます。

  • 文学

    文学は、映画やアニメ、ゲームの素材になる優れたエンターテイメントであると同時に、人間・社会・言語・歴史など多様な問題を考える上での有効なツールにもなります。文学プログラムでは、文学の基礎知識と研究方法を学びさまざまな国の文学に触れることで、読解力・課題発見能力を養います。主な科目には「文学理論」「比較文学」「英米詩」「中国古典文学研究」「近代文学講読」などがあります。

  • 言語学

    言語学とは、人間のみが本能として持つ「ことば」を科学的に研究する学問分野です。ことばとはどのようなものか、人間はなぜことばを用いるのか、人間はどのようにことばを使えるようになるのかといった疑問への答えを探し求める学問です。このプログラムでは、言語学の全体像に加え、特に英語・中国語・日本語に焦点を当て、各言語の音・文法・意味など言語学の下位分野を詳しく学ぶことができます。

  • 哲学

    伝統的な哲学・倫理学・思想の問題に加え、現代社会特有の諸問題に取り組むことで、世界と人間に対する深い洞察力と、それを的確に表現する力を養います。多数の対話や議論、プレゼンテーション、ライティングの機会を通じて、他者に対して自分の考えを論理的に説明できることが目標です。主な科目に「哲学概論」「倫理学概論」「論理学」「社会思想史」「美学・芸術論」などがあります。

  • 宗教学

    宗教は「人間が直面する究極的な諸問題への応答である」といわれています。宗教学は、世界や日本における諸宗教を研究することによって、その「究極的な諸問題」へそれぞれが答えを出していくことをめざします。キリスト教、イスラム教、仏教などを個別に学ぶこともでき、これらの諸宗教を文化、歴史、社会と結びつけて、その関係を学ぶこともできます。

  • 心理学

    現代社会において、医療・教育・産業・司法・福祉などさまざまな領域で生じる心の問題の解決や予防が求められています。心理学プログラムでは、心理学の基礎的な知識と研究方法を学び、社会課題の解決に活かせる知識や方法を実践的に身につけることをめざします。主な科目には「心理学研究法」「臨床心理学」「心理学的支援法」「学校・教育心理学」「司法・犯罪心理学」などがあります。

  • コミュニケーション学

    現代社会では、さまざまな人と円滑な人間関係を築くことのできるコミュニケーション能力が求められています。このプログラムでは自分の考えを論理的に豊かに表現し、人の意見にも耳を傾けられる総合的なコミュニケーション能力を理論と実践を通して学びます。文化の異なる人とのコミュニケーション、集団や組織での交渉力やリーダーシップ、共感力あふれる対人能力などを学ぶことができます。

社会領域プログラム

社会領域では、私たち人間が生きている社会について学びます。社会のどのような部分に注目するかで分野が分かれ、それぞれへの学び方(アプローチ)を身につけ、具体的な問題に取り組みます。社会領域は「歴史学」「文化人類学」「法・政治学」「経済学」「社会学」「教育学」の6分野のプログラムで構成されます。

  • 歴史学

    歴史学とは「過去について学ぶ学問」であると同時に、そこから「現在について考える学問」でもあります。日本やアジア、アメリカの歴史を中心に、国際関係や文化、思想などについての歴史も学び、重層的な知識と、物事を多角的に捉える素養を身につけます。主な科目に「日本史概論」「世界史概論」「日本の歴史」「アジアの歴史」「アメリカの歴史」「国際関係史」「日韓交流史」などがあります。

  • 文化人類学

    文化人類学は、地球上のさまざまな異文化についての学びを通じて自文化や自己を相対的に捉える鍛錬をし、文化の持つ個別性や多様性、動態性への洞察力を深める学問です。それはグローバル時代に生きる私たちに必要な資質でもあります。文化人類学関連の講義科目やフィールドワークのほかに、社会学、歴史学、地域研究、諸宗教の文化論の科目なども組み合わせて履修し学んでいきます。

  • 法・政治学

    基礎的な法や、政治の主人公としての役割を学ぶことは、グローバル化する世界において私たちが直面するさまざまな問題への対応に必須です。このプログラムでは貧富の格差など社会の分断が進む中、良識ある市民として生きるための知識と教養を身につけることを目標にします。さらに激動する国際関係を、歴史や理論、あるいはアジア・欧米・中東地域の政治や社会について学ぶことで理解していきます。

  • 経済学

    経済学は、よりよい経済社会を作ることをめざす学問です。人々の消費生活や企業活動は自由に行われていますが、そこには一定の法則性があります。その法則性を学ぶのが経済学です。このプログラムは、「マクロ経済学」「ミクロ経済学」「政治経済学」という基礎理論課目から「金融論」「国際経済学」などさまざまな経済事象や日本をはじめとする各国経済を学ぶ科目を配置しています。

  • 社会学

    社会学とは、企業や学校、国家といった組織や集団が抱える問題や、人と人の関係について研究する学問です。このプログラムでは、社会と文化について幅広く学び、世の中の仕組みの解明をめざします。主な科目に「社会学概論」「社会調査法」「社会学史」「地域社会学」「現代社会研究」「比較社会学」「文化社会学」「家族社会学」などがあります。

  • 教育学

    人間の成長と発達を教育という普遍的かつ歴史的な現象から捉え、教育という営みが人間と社会にどのように関連し、作用しているかを研究するのが教育学です。教育の本質、教育思想、教育の歴史、学校教育、諸外国の教育構造の比較などを学びます。主な科目に「教育思想」「西洋教育史」「日本教育史」「比較教育学」「キリスト教と教育」「家庭と教育」「現代アジアの教育と文化」などがあります。

自然領域プログラム

自然領域では、自然や数理の深い法則性について学びます。「なぜ」という疑問を大切にし、一歩ずつ自然の謎を解き明かしていきます。その知見や経験を通して社会をみることができるはず。自然領域は「数学」「物理学」「化学」「生物学」「情報科学」の5分野のプログラムで構成されます。

  • 数学

    データサイエンスや金融工学などの確立したルーチンはAIに置き換わるので、イノベーションや成長のコアは、それらではなく、数学的・論理的思考力にあるという数理資本主義が意識されています。現代数学はさまざまな分野へ越境しますが、この意識の下、基礎と論理を学びます。主な科目に「微分積分学」「線形代数学」「代数学」「幾何学」「解析学」「確率論と統計学」「離散数学」などがあります。

  • 物理学

    現象の奥には法則がある、と私たちは考えます。その法則は、現象を観察し、仮説を立て、その仮説を検証していくことで見出せます。これが物理学の研究方法です。このプログラムでは、過去の研究をたどり、また、実際に実験することで、この手法を身につけます。主な科目に「力学Ⅰ・Ⅱ」「電磁気学Ⅰ・Ⅱ」「熱力学」「量子力学Ⅰ・Ⅱ」「統計力学」「物理学実験Ⅰ・Ⅱ」などがあります。

  • 化学

    私たちの身の回りにあるものは、すべてが化学物質でできているといっても過言ではありません。私たちの体も、化学物質で構成されています。化学はこのように、身近なものを扱う分野です。このプログラムでは、無機化学、有機化学、物理化学、分析化学などの化学の基礎的分野とともに、社会とのつながりや人体との関わりのような応用的な分野までを広く学ぶほか、実験も重視しています。

  • 生物学

    生物学は分子・細胞から個体・集団・生態系に至るまで、さまざまなレベルの生命現象を対象としています。また、医学、農学、環境学などに広く応用される分野です。このプログラムでは「植物学」「動物学」「生態学」「生理学」「遺伝学」や、実験科目などを学び、生物学の専門分野について知識や技術を身につけるとともに科学的な見方や考え方を培うことを目標としています。

  • 情報科学

    コンピュータの基本的な操作技術を修得することはもちろんですが、マルチメディアの技法、データベースの扱い方、プログラミング技術やネットワークに関する技術などを、演習を通して学びます。同時に、情報技術が社会に与える影響、コンピュータの基本的な仕組み、ネットワークとそのセキュリティの原理やデータベースの概念など、情報科学全般の知識も講義を通して修得していきます。

統合型プログラム

統合型プログラムには、ひとつの領域には収まらない横断的な内容や、より社会課題の解決に直結する内容のプログラムが集まっています。 単一の学部・学科では学ぶことが難しい、リベラルアーツらしいプログラムです。 統合型プログラムを自由に学べることは、この学群の醍醐味のひとつです。

  • 国際協力

    SDGsに象徴される世界共通の課題(地球規模課題)の重要性が増しています。感染症爆発(新型コロナウィルス)、地球温暖化問題(異常気象)、貧困問題(先進国でも顕在化)、ジェンダー問題(日本は男女差別の大きい国)、移民難民問題などが深刻化しています。地球規模課題の現状や取り組みを学び、解決策を考えるプログラムです。実習を重視し、自分で見て、感じて、考えて、行動する地球市民を養成することを目標としています。

  • 多文化共生

    現代は、国境を越えて移動をする人が増え、社会がますます多様に複雑になってきました。このプログラムは、同じコミュニティ内にいる自分とは国籍・文化、宗教、言語、ジェンダー、障がい、世代、価値観など異なる特徴を持った人々の歴史的、社会的な現状を理解し、互いに共生するために必要な理論や価値観、そして実践力を養い、平和な関係を築くことをめざします。

  • 博物館学

    博物館(Museum)は、人類が共有すべきさまざまな遺産を未来に継承するための学術・教育機関です。現在では、生涯学習の一環として、観光やまちづくりの拠点として、ますます重要な役割を果たしています。このプログラムでは、博物館とその周辺領域を対象に、教育、経営、展示、保存科学、情報メディアなどの観点から総合的に学びます。主な科目には「博物館経営論」「博物館展示論」などがあります。

  • 地域デザイン

    少子高齢化が進み、人口減少社会が本格的に到来しつつある現在、地域の抱える課題は多様化し、複雑化しています。地域デザインプログラムでは、地域やまちづくりに関わる幅広い知識と専門的な技能を身につけ、地域社会の現場においてリーダーシップを発揮できる人材の育成をめざします。主な科目には「地域デザイン概論」「地域観光論」「コミュニティ・アート」などがあります。

  • データサイエンス

    現代社会は、情報通信技術の普及により、個人のさまざまな履歴、社会学、経済学などの人文学、社会科学的なデータ、ネットワーク情報などの大量かつ多様なデータを対象として動いています。数学、統計学、物理学、情報科学を基礎として、データを数学、統計学的に扱い、さまざまな視点から議論ができることを目標とします。

  • 科学コミュニケーション

    医療、原子力、AIなどに見られるように科学・技術の巨大化、複雑化、高度化により、科学・技術の社会への影響はますます大きくなりつつあります。そのため、科学に関する知識ばかりではなく、科学技術や科学者・技術者の在り方について政策、法、倫理学の面からも議論を深め、市民が科学を理解するためのパブリック・コミュニケーションを行うための処方を学修します。

  • 日本研究

    日本研究では、言語、文化、社会など日本に関する情報を対象として、歴史学、社会学、地理学、文化人類学などにまたがる学際的な考察を行います。日本に暮らす私たちが「当たり前」と感じていることに対してもクリティカル(批判的)な視点を持ち、知識を学ぶだけでなく背景や影響を探究して議論し、さらに、学んだ日本研究各論をもって国際社会に貢献できるよう協働の方法を考えます。

  • アメリカ研究

    超大国アメリカは、さまざまな分野で世界をリードする先進国であるとともに、多民族・多文化共存の実験室でもあります。栄光と苦悩に満ちたアメリカ。その諸様相を知ることは、それ自体として興味深く、また、国際関係や日本の現状・課題を考える上でも役立つはずです。主な科目には「アメリカの文化」「アメリカの歴史」「アメリカ民族論」「アメリカの外交」などがあります。

  • 環境学

    地球温暖化やプラスチック海洋汚染は、遠い世界の話ではありません。近年の自然災害に見られるように、身近な環境だけでなく、経済や社会にも大きな影響を与えます。原因は何か、影響はどうか、解決手法には何があり、人々にどう伝えるか。持続可能な社会をめざして、ともに考えましょう。主な科目に「文系のための環境科学」「地球規模環境論」「環境社会学」「環境法学」などがあります。

  • メディア・ジャーナリズム

    メディア界、特にジャーナリズム界は世界的に危機にあります。リベラルでデモクラティックな社会が先進各国で変調をきたしているなかで、その「守り神」ともいえるジャーナリズムも同時に存在感を失いつつあるようです。このプログラムではそうした現状認識に立って、メディア・ジャーナリズムの歴史から機能、将来の見通しなどを学ぶとともに、新聞、テレビ、出版、ネットなど各業界の現状にも目を配ります。

  • アジア研究

    日本には、たくさんのアジア地域の人がいます。私たちには、これらの人と地域をよく理解することが求められています。アジア研究プログラムでは、歴史学、文化人類学、政治学、経済学などの分野から、アジアの人と地域、対日関係を学びます。主な科目には「アジア研究概論」「アジアの歴史」「東南アジア研究」「イスラーム史概説」「日韓交流史」「東アジアの開発と政治」などがあります。

  • ビッグヒストリー

    ビッグヒストリーとは、宇宙誕生から今日までの歴史です。ビッグバンから太陽系と地球の形成、生命の発生と進化、人類の起源と文明の発生、近現代を概観し、近未来の人類を展望します。それは自然科学、社会科学、人文学を統合する「究極のリベラルアーツ」であり、宇宙・生命・人間の本質や、宇宙における人間の存在の意味を、138億年の地球宇宙史の中で考察します。

  • 言語教育

    このプログラムは、ことばを教えることを通して多様化する現代社会に参画していく力を身につけることが目標です。言語教育に携わるためには言語や文化の特徴やことばの教授法などに関する専門知識が必要です。このプログラムでは、言語学・心理学等での学びと併せて英語・国語の教職課程、日本語教員養成課程に関わる内容を学ぶことで、国内外の言語教育の現場に貢献する人材を育成します。

取得できる免許・資格

  • ■ 教職課程動画を見る
  • ■ 博物館学芸員課程
  • ■ 公認心理師動画を見る
    ※大学における指定科目の履修、所定の大学院進学または実務経験により受験資格取得
  • ■ 日本語教員養成課程動画を見る
  • ■ 学芸員資格動画を見る
  • ■ ECO-TOPプログラム動画を見る
  • など
リベラルアーツ学群で取得できる教員職員免許状の種類と科目 中学校教諭1種免許状 国語	社会	数学 理科 英語 中国語 高等学校教諭1種免許状 国語 地理歴史 公民 数学 理科	情報	英語 中国語

将来の進路

リベラルアーツの学びは社会で生きる力に直結するもの。社会と密接に関わる学びができます。学生自身の考えで意識的にプログラムや科目を選び取ることが、将来の一歩につながるのです。

社会的起業家 地域デザイン × 経済学
マーケティング戦略立案者 データサイエンス × 心理学
サイエンスライター 科学コミュニケーション × 化学
国際的視野をもった公務員 国際協力 × 法・政治学
Column

新生リベラルアーツ学群がめざすもの:社会課題解決力の育成

現代社会においては、従来は想像できなかったような新しい問題や、これまでの常識では解決できない複雑な課題が次々と生まれています。なぜなら、科学技術が急速に発展し、グローバル化が進む状況で、人々の日々の生活や労働、コミュニケーションの在り方が常に変化し続けているからです。そこで、これからの大学生は単に既存の知識や技術を修得するだけでなく、課題を自ら発見していく力や、学んだことを未知の問題に活用していく力、文化・人種・国籍・世代の異なる人々と協働する力を身につけていく必要があります。

リベラルアーツ学群は、「学而事人(学びて人にえる)」という建学の理念のもと、学問を通じて社会に貢献し、広く活躍できる学生を育てることをめざしてきました。また、リベラルアーツ教育の実践として、文理を問わずさまざまな学問を学ぶ機会を設けることで、常識や先入観に捉われない自由な学びを創り出してきました。こうした理念に基づく教育は、急速に変化する現代社会だからこそ、これまで以上に重要な意味を持つと考えます。そこでリベラルアーツ学群は、これまでの教育をさらに発展させ深化させるために、大幅にカリキュラムを改訂しました。