• HOME
  • お知らせ
  • 教員免許更新制の廃止方針について

教員免許更新制の廃止方針について

2021年08月24日(火)

  • お知らせ
  • 重要
  • 受講の方

教員免許更新制の廃止方針について

8月23日、中央教育審議会「令和の日本型学校教育」を担う教師の在り方特別部会教員免許更新制小委員会(第5回)が行われました。

その中で、「『新たな教師の学びの姿』の実現に向けて、教員免許更新制を発展的に解消することを文部科学省において検討することが適当」として、制度廃止の方針が示されました。

また、法改正が行われるまでの現行制度の存続について、小委員会後に行われた記者会見で、萩生田大臣が下記のように発言いたしました。

【大臣発言】
中央教育審議会が最終的な結論を得た上で、関連する法改正が行われるまでは、現行の教員免許更新制は存続することになります。このため、免許状の有効期間が到来する先生が、更新講習を修了し、更新手続を行わない場合は、免許状が失効することになりかねません。審議まとめの案では、免許状更新講習の受講も研修履歴の記録及び管理の範囲に含め、人事配置や校務分掌の決定などに積極的に活用していくことも考えられるとされていることも踏まえ、各先生におかれては、必要な受講・手続に遺漏なきよう対応していただくようお願いいたします。


■ 中央教育審議会「令和の日本型学校教育」を担う教師の在り方特別部会教員免許更新制小委員会(第5回)
会議資料

ページの先頭へ