学長メッセージ:パシフィスト精神を思い起こして

2022/03/02(水)

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

ロシア軍によるウクライナへの侵攻によって勃発した戦闘において、多くの市民や軍人が命を落としていることが報道されています。シェルターに避難している人々や国境を超えて故郷を後にする人々など、不安な日々が続いています。これらの人々のことを想うと本当に心が痛みます。

本学の創立者である清水安三先生は、学園を創立する際に「パシフィスト精神」を説いています。パシフィック・スピリット(Pacific Spirit )とは、どのような状況であっても平和を好む精神であり、武力に頼らず意思疎通の努力によって周辺諸国の人々と友好的な関係を築き、愛すべき国民国家(Beloved Nation)になるための精神であると定義しています。現代においてはグローバルな視野でコミュニケーションを図ることの重要性が語られますが、その本質は、パシフィスト精神であると思います。

私たちは桜美林大学のコミュニティの一員として、パシフィスト精神を有するオベリンナーとして、修めた学術を平和的な社会の発展のために活かしていくこと、そして、スクールモットーである学而事人や隣人愛を実践して豊かな関係を築いていくことが期待されています。長引くコロナ禍を経験し、また、大きな紛争をまのあたりにして落胆や失望を感じることはあっても、勇気と希望に変えて、前に進んでいかなければなりません。

ウクライナに1日も早く平安が戻り、人々が安心して暮らせる日常を願ってやみません。国籍や民族を問わず、多様な人々が共に学べる環境を続けられるように頑張りましょう。

学長 畑山浩昭

President’s Message: Recall the Pacifist Spirit

Many civilian and military casualties have been reported in the fighting that has erupted following the invasion of Ukraine by the Russian troops. People are spending their days in fear as they take refuge in shelters or flee across the Ukrainian border, leaving their hometowns behind them. I am deeply saddened when I think about what they are going through.

When our founder, Reverend Yasuzo Shimizu, established the school, he expounded the virtue of a “pacifist spirit.” He defined this as the spirit of favoring peace under any circumstances, and the spirit of becoming a beloved nation by building friendly relations with the people of neighboring countries through efforts for communication, not reliance on military force. Today, the importance of communicating with a global perspective is often spoken of, but I believe that the essence of communication is the pacifist spirit.

As members of the J. F. Oberlin University community, and as Oberliners possessing this pacifist spirit, expectations are held on us to apply our learning for the development of a peaceful society and to build rich relationships by putting into practice our school creed of "Gakujijijin (learning in order to be able to help others)" and the ideology of "love the neighbor.” Living through the prolonged COVID-19 pandemic and witnessing major conflicts may lead to feelings of disheartenment and despair, but it is imperative that we move forward by changing our sentiments to courage and hope.

I sincerely hope for peace to return to Ukraine as soon as possible so that people can go about their lives without fear. Let us make every effort to maintain an environment where a diversity of people, regardless of nationality or ethnicity, can come together to learn.


Hiroaki Hatayama
President

ページの先頭へ