海外留学

海外留学

毎年多くの学生を世界に送り出し、留学派遣への意欲的な取り組みが評価されています。
 

提携校一覧

桜美林大学が提携している海外の大学・機構を紹介します。
 

34カ国・地域、163校、10機関

※2017年12月5日現在

短期プログラム

長期プログラム

グローバルアウトリーチプログラム

ビジネスマネジメント学群 
エアライン・ホスピタリティコース留学プログラム

グローバル・コミュニケーション学群
留学プログラム

留学サポート

桜美林大学の留学プログラムでは、渡航前に事前学習・授業を行います。初めて海外に行く人も多いため、海外留学に必要な知識を養うことや、各プログラムの目標を現地で達成できるような準備を行うことが目的です。帰国後には、事後学習・授業等で留学体験を振り返り、留学した意義を認識。将来のキャリア形成につなげます。
 

事前学習

渡航のために必要な書類の手続き、海外生活に必要な危機管理、健康管理、異文化対応、ストレスやカルチャーショックへの対処法、専門分野など。
 

事後学習

留学を振り返るプレゼンテーション、学習の成果を測る語学テスト、今後の学習計画の立案など。
 

お金のサポート

桜美林大学の留学プログラムに参加する学生は、各種奨励金制度を利用することが可能です。公的な制度のほか、桜美林大学独自の奨励金制度もあります。参加するプログラムに応じて、給付条件は異なります。
 

1.桜美林大学
[短期海外研修留学奨励制度]【給付型】
短期プログラムを修了すると、一律5万円(2017年度実績)が給付されます(一部、支給対象外のプログラムもあり、別途申請が必要です)。
 
給付条件:対象短期プログラム応募時に申請書などを提出し、帰国後の定められた期間内にレポートを提出した者。
2.桜美林大学
[長期留学奨励制度]
【給付型】
対象プログラム:JYA/SYAプログラム、中国長期留学、韓国長期留学、ダブルディグリープログラム
 
給付条件:対象プログラムへの参加が確定している学生で、尚且つ通算GPAが3.0以上であること(上限:15人)。
給付額(2016年度実績):1学年間の留学50万円、1学期間の留学20万円
3.桜美林大学
[長期留学プログラム申請者対象TOEFL®/IELTS受験料助成制度]
【給付型】
対象プログラム:JYA/SYAプログラム、ダブルディグリープログラム
 
給付条件:対象プログラムへの応募者であり、なおかつ、いずれかのテストで所定スコア以上を取得した者(IELTS:5.5点以上、TOEFL®iBT61点以上)。
給付額:1回分の受験料を全額支給

2016年度実施留学プログラム派遣者数

カテゴリー 留学先・プログラム名 合計
長期プログラム アメリカ 15
イギリス 3
オランダ 3
韓国 6
タイ 3
台湾 3
中国 1
フィンランド 3
長期プログラム 合計 37
グローバルアウトリーチプログラム(リベラルアーツ学群) オーストラリア 17
カナダ 41
韓国 8
ニュージーランド 30
アメリカ 99
(ビジネスマネジメント学群) アメリカ

59

(芸術文化学群) アメリカ 3
(芸術文化学群) イギリス 2
中期プログラム(ビジネスマネジメント学群・エアラインホスピタリティ) アメリカ 26
グローバルアウトリーチプログラム 合計 285
短期プログラム アメリカボランティア研修 6
イギリス演劇研修 27
イギリス語学セミナー 13
ロンドン芸術大学アート&デザイン研修 3
イタリア音楽研修 13
イタリア文化研修 2
インターンシップ(旅行業)
2
海外ビジネス研修(アメリカ)
9
海外ビジネス研修(オーストラリア) 27
海外ビジネス研修(韓国) 33
海外ビジネス研修(シンガポール)
23
海外ビジネス研修(ハワイ) 10
海外ビジネス研修(スポーツ産業)(アメリカ) 6
海外ビジネス研修(ホテル&ブライダル) 30
海外ビジネス研修(モンゴル) 5
海外航空実務概論 16
カナダ語学セミナー 15
韓国語学セミナー 21
中国語学セミナー 23
ニュージーランド語学セミナー 6
カンボジア・ストリートチルドレンボランティア研修 12
国際協力フィールドワーク(インド) 7
国際協力フィールドワーク(フィリピン) 8
JICA大学連携スポーツボランティア研修(野球) 11
「日本語教育」海外インターン(タイ・サイアム大学) 4
文化人類学フィールドワーク(遊牧文化) 3
マレーシア子どもの家・ボランティア研修 8
モンゴル環境研修 5
日加コンソーシアム(学生フォーラム) 1
短期プログラム 合計 349
派遣者数 合計 671

ページの先頭へ