Real VOICE 百花繚乱

Vol.10

学生団体の代表として桜美林大学から世界の社会問題の解決に挑む

グローバル・コミュニケーション学群 飛澤 結海 さん

※この取材は2020年9月に行われたものです。

Real VOICEをシェアする

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

“自分らしくいる事”を大切にし、海外で指揮をとる

飛澤さんは国連公認の学生団体である「ASPIRE Japan」の代表として、国際問題などの解決に臨んでいる。

小さな頃から、自分への周囲の理解が得られず悩んでいたという飛澤さん。
桜美林大学で、初めて「そのままで大丈夫」と、自分を理解してくれる先生との出会いがあった。

それがきっかけで、飛澤さんもASPIRE Japanの代表として、参加してくれる全員がありのままの自分でいられるよう、発言しやすい環境作り、良好な人間関係構築に、尽力している。

外国人留学生や、芸術などものづくりをする学生が多い分、個人を認める多様性がある桜美林大学。
「人生を変えるような、出会いが桜美林大学にはある」
飛澤さんは、卒業後は本校の大学院に進学を予定。
ASPIRE Japanの活動にも関わりつつ、自身の人生の起点にもなった桜美林大学の魅力を、たくさんの人に伝えていきたいと語っている。

Real VOICEをシェアする

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • デザイン賞を受賞!
  • コスタリカの子供たちに!
  • 160名のリーダーに抜擢!
  • 4団体をまとめる代表に!
  • 大手百貨店のフロアリーダーに!
  • 大学間を超えた学生組織の代表
  • 大学初の女性機長に!
  • 「踊る広報」として活躍!
  • 言葉の壁を越えるアメフト部キャプテン
  • Regional Managerとして現地法人を牽引!
  • 学生時代から活動するお笑いコンビ
  • 国連公認団体代表として世界の社会問題解決に挑む!
  • ゼミの先生への進路相談が自衛隊を志すきっかけに
  • 創業100年を超える屋形船の女将として伝統に新たな息吹を
ページトップへ