Real VOICE 百花繚乱

Vol.9

アメリカンフットボール部キャプテンの経験を活かして日本人と外国人の架け橋に。

グローバル・コミュニケーション学群 4年生 アメリカンフットボール部キャプテン 隆治 マイケル バンデューセンさん

※この取材は2019年12月に行われたものです。

Real VOICEをシェアする

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

言葉の壁に悪戦苦闘するも周りのサポートの中で部をTOP8へ導く。

隆治さんは、アメリカンフットボールの才能を見出され、桜美林大学に進学するも、待っていたのは、外国に来たかのような今までと全く違う環境。

日本語が全く喋れない状況に悪戦苦闘しながらも、周りの心あるサポートの中でアメフトと日本語の文武両道を貫いた。
2019年にはアメフト部のキャプテンに就任。
部をTOP8へと導いた。

卒業後は、日本人と外国人との架け橋として、日本を舞台に新たなステージに挑んでいく。

Real VOICEをシェアする

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • デザイン賞を受賞!
  • コスタリカの子供たちに!
  • 160名のリーダーに抜擢!
  • 4団体をまとめる代表に!
  • 大手百貨店のフロアリーダーに!
  • 大学間を超えた学生組織の代表
  • 大学初の女性機長に!
  • 「踊る広報」として活躍!
  • 言葉の壁を越えるアメフト部キャプテン
  • Regional Managerとして現地法人を牽引!
  • 学生時代から活動するお笑いコンビ
  • 国連公認団体代表として世界の社会問題解決に挑む!
  • ゼミの先生への進路相談が自衛隊を志すきっかけに
  • 創業100年を超える屋形船の女将として伝統に新たな息吹を
ページトップへ