基礎文法は理解しても、会話になるとなかなか思うように話せる人は少ないのではないでしょうか。そのため、本講座はできるだけ会話を中心とした授業をします。まず、今まで習得した基礎文法または語彙を復習し、タイ語の会話を練習しながら、質疑応答の力が身につくようにします。具体的には、現地の人がよく使う表現や日常会話を取り上げたり、旅行のときの会話など、タイ人とのコミュニケーションができるような会話の習得を目指します。一方、教材はタイ文字で書いてあるものを使用し、読み書きも練習しながら、文章力も高めます。

講師

Srivanasont Patthanit 桜美林大学オープンカレッジ講師

講座番号 11201
レベル
定員 20名
受講料 28,700円<インターネットで申込の場合、2,000円割引>
回数 全14回
日程 9/29、10/13、10/20、10/27、11/10、11/17、11/24、12/1、12/8、12/15、12/22、1/12、1/26、2/2 ※10/6休講
曜日 土曜日
時間 9:00~10:30
場所 プラネット淵野辺キャンパス
受講対象者 タイ文字のテキストを使用する授業なので、これまでタイ文字の規則を習ったことがある人や、まだその理解が完全ではない人。タイ文字や文法を復習し、最終的に実践的な会話を習得したい方。
使用テキスト 授業時にプリント配布

シラバス

実施日 内容
1 9月29日 タイ文字と基本文型を復習しながら、講座の概要説明
2 10月13日 文法:基本文型を復習(名詞、形容詞、動詞文の肯定、否定、疑問文)
3 10月20日 文法:「事物の存在場所」(語彙と文法)
4 10月27日 文法:「位置・存在場所」(語彙と文法)
5 11月10日 会話:「故郷の紹介」学習した文法を使用し自らが作成し、会話の練習をする
6 11月17日 文法:「〜に乗る」「どちらへお出かけですか」、「方向の説明をする表現」、「〜してから〜する」表現、「〜まで、達する」の動詞
7 11月24日 文法:「〜すぎる」の表現、「〜にしましょう」の表現、「〜でもよい」の表現、「〜一緒に行きます」、「さらに、その上、もっと」という意味のことば
8 12月1日 会話:「バスに乗って、どこに行きますか」学習した文法を使用して質問と答え方を練習する
9 12月8日 文法:時間の言い方、時の副詞、動詞と時制
10 12月15日 会話:「もう何時ですか」学習した文法を自らが作成し、会話の練習をする
11 12月22日 文法:日付、曜日、動詞の構文
12 1月12日 会話:「休日は何をしますか」学習した文法を使用し自らが作成し、会話の練習をする
13 1月26日 文法:年月日、複合動詞と副動詞
14 2月2日
会話:「誕生日」学習した文法を自らが作成し、会話の練習をする。まとめ

ページの先頭へ

ページの先頭へ