ファイリング・デザイナー検定2級試験対策講座
仕事で使える文書管理能力を身につける

さまざまなビジネスシーンで日々大量に発生する情報。紙文書であるか電子データであるかを問わず、現在のオフィスワークの品質向上には、これらの大量の情報を効率よく適切に管理し、ビジネス活動や経営に活用していくことが大きなカギとなっています。この講座では、発生から廃棄までを文書・情報のライフサイクルとし、それぞれの場面や時機によって所在・管理を適切にルール化する「トータル・ファイリングシステム」という概念を具体例と丁寧な解説で理解していきます。情報公開法、個人情報保護法など文書管理の適正化を求める法制度や、国際標準(ISO15489)等も制定されている今日、コンプライアンス(法令順守)や内部統制といった経営課題解決を支えるファイリング能力を身に付けた人材育成を目的とした講座です。

《再受講制度について》
この講座は再受講制度を導入しています。
※講義に80%以上の出席をし、かつ資格取得ができなかった場合、同じ講座を再受講価格にて受講する事が出来ます。


受講申込

講座番号/コードNo 90007
定員 20名 (最小催行人数 5名)
受講料 桜美林大学(大学院)生・桜美林同窓生:19,000円(再受講 13,000円) 
一般:21,000円(再受講 15,000円)
(テキスト料・検定料込)
回数 全2回
日程 7/7、7/14
時間 下記参照
場所 町田キャンパス ※キャンパスは変更になる場合があります。
受講対象者 ・どなたでも受講できます。また社会人の方にもおすすめします。
・働き方改革など、効率的に仕事に取り組むことが求められている中で、幅広い方に役立つ知識となります。
・特にコピー機メーカーや、総務などの管理部門や事務職等、文書管理に携わる機会がある方は、取得をおすすめします。
どのような資格か? ・文書・情報管理に関する知識習得を目指す検定試験です。(公社)全能連登録の検定試験となります。
・企業内教育でも取得を推奨されている検定試験です。
・オフィス・ワークの生産性をあげるために不可欠な技術がファイリングシステムです。ファイリング・デザイナー検定2級では、このファイリングシステムを導入・維持管理できる知識、技能について学習します。
検定試験日程/試験会場 7月21日(土)13:00~14:30
学内試験会場
ガイダンス日程 6月18日(月)
12:15~12:45 
明々館A105
申込締切日 6月22日(金)

シラバス

実施日 内容
1 7月7日(土)
13:00~16:10
ファイリングシステムとは何か。
仕事をこなすうえで知っておくべき情報の流れ。
ファイルや用具の使い方。 文書の分類。 タイトルのつけ方。
2 7月14日(土)
13:00~16:10
文書の保管の仕方。 保存の方法や基本ルール。
捨てるための手続き。 ファイリングシステムの導入方法。
システムの維持手順。 効果測定と復習。

ページトップ