ツアーコンダクター養成講座
2018年7月の国内旅程主任者試験合格をめざす

ツアーコンダクターはツアー全体のマネージャー役です。単なるお客様のお世話係にとどまらず、旅行知識・法的知識・接遇マナー・緊急時対応等の幅広い知識が求められます。40年以上プロ添乗員を育ててきた独自のカリキュラムに沿って、未経験の方にも分かり易く、実践体験を通してツアーのマネジメント方法を指導いたします。 基礎編では、講師の数多くの添乗経験のアドバイスが聞けるロールプレイを多く取り入れた内容となっています。最終日の「実務研修」ではバスツアーに出掛け、実際にマイクを使用しての挨拶やお客様の誘導を全員が体験します。バスツアーに出掛けることにより、業務の流れを実体験・理解します。そして、「国内旅程管理指定研修」(資格講習)に進み、講座終了後すぐに検定試験を受験し、全員合格と全員即戦力を目指します。「国内旅程管理指定研修(資格講習・試験)」は、指定日だけでなく個々のご都合に合わせてご相談に応じることも可能です。※資格取得には全講座日程(計7日間)への出席が必須です。

受講申込

講座番号/コードNo 90003
定員 40名 (最小催行人数 7名)
受講料 桜美林大学(大学院)生・桜美林同窓生:44,000、一般:46,000円
(テキスト料・検定料込)
回数 全7回
日程 <講義>6/23、6/30、7/7、7/14  <実務研修(バス研修)>7/15  <国内旅程管理指定研修>7/21、7/22
時間 <講義>11:00~16:40 <実務研修(バス研修)>9:00~18:00    <国内旅程管理指定研修>9:30~18:30
場所 1~4回目:町田キャンパス※キャンパスは変更になる場合があります。 国内旅程管理指定研修・実務研修:学外
受講対象者 旅行業界への就職を目指していて、旅行業の資格を取りたい方。旅行業界の基本知識把握と業務の流れを体験する絶好の機会となります。旅行会社へ就職・添乗員派遣会社に登録すれば、すぐに添乗実務に就くことが可能です。更に、サービス業全般での活躍を希望する方やコミュニケーションスキルをアップしたい方にもお勧めします。更にステップアップを望む方には、海外添乗員資格取得の道も開かれています。
どのような資格か? ツアー添乗員に必要な「旅程管理主任者」資格を取得する講座です。添乗員として実務に就くには、この資格と一定期限内の実務経験が必要です。本講座で座学4日+実務研修1日+資格取得講座2日を修了して、修了試験の条件を満たすと「国内旅程管理修了証」・「実務研修参加証明書」が発行されます。添乗員として就業の際に、所属会社に証明書類2点提示すると「旅程管理主任者証」というライセンスカードを発行してもらえます。
検定試験日程/試験会場 国内旅程管理指定研修終了時(2日間)
学外試験会場
ガイダンス日程 5月25日(金)、5月31日(木)、6月4日(月)
12:15~12:45
明々館A105
申込締切日 6月8日(金)

シラバス

実施日 内容
1 6月23日(土)
11:00~16:40
ガイダンス/旅行業法令・約款
2 6月30日(土)
11:00~16:40
国内添乗実務演習①②③
3 7月7日(土)
11:00~16:40
国内添乗実務演習④⑤⑥
4 7月14日(土)
11:00~16:40
ツアー研究・業界研究・まとめ
5 7月15日(日)
9:00~18:00
実務研修(バス研修)
6 7月21日(土)
9:30~18:30
国内旅程管理指定研修/検定試験
7 7月22日(日)
9:30~18:30
国内旅程管理指定研修/検定試験

ページトップ