パイプオルガンを弾こう
はじめての方も、そうでない方も、楽しく弾いて荘厳な音色を楽しみましょう

桜美林大学にはスイス・フェルスベルク社製のパイプオルガンがあります。三段の手鍵盤と足鍵盤、33個の音栓を備えています。この講座では少人数のグループレッスン形式で、演奏を楽しみ、奏法、楽器の仕組み、歴史を学びます。パイプオルガン初心者歓迎ですが、バッハ「インヴェンション」程度以上のピアノ学習経験があることが望ましいです。もちろんパイプオルガンまたはパイプオルガンモデルの電子オルガンを弾いたことがある方もお待ちしております。

※この講座のお申込は大学案内メールセンター桜美林大学オープンカレッジ申込係の電話(042-703-3378)でのみ受付いたします。
※※持ち物:オルガン演奏用の靴をご用意ください。ダンスシューズ、ローファーなど、かかとが低めであれば結構ですが、屋外で使用しないものに限ります。取り組みたい曲がある方は楽譜をお持ちください。特にない場合は講師と相談して課題曲を決めます。

講師

横山 正子
桜美林大学教授 オルガニスト

受講申込

講座番号/コードNo 40015
定員 8名
受講料 19,440円<インターネット申込除外講座>
回数 全6回
日程 5/22、5/29、6/5、6/19、6/26、7/3
曜日 火曜日
時間 10:00~12:00
場所 町田キャンパス

シラバス

実施日 内容
1 5月22日 パイプオルガンの仕組みと歴史を学びつつ、まず弾いてみましょう。
2 5月29日
それぞれ課題曲を決め、練習に入りましょう。
3 6月5日
鍵盤は4つあります。それぞれの役割を知り、曲に生かしましょう。
4 6月19日 課題曲が作られた時代を知り、その時代独特の弾き方を学びましょう。
5 6月26日 音色の作り方を学び、課題曲を仕上げていきましょう。
6 7月3日 最終仕上げです。これまでの学びを生かし、演奏を楽しみましょう。

ページトップ