『源氏物語』を楽しむ

『源氏物語』を原文(現代語訳付き)で読む講座です。『源氏物語』の理解に必要な様々な事柄・・・作者・紫式部の生涯、時代背景、人物造型等を丁寧に解説いたします。世界最古の小説であり、世界文学の奇跡でもある『源氏物語』の世界を、皆様と共に探求いたしましょう。特に歴史上の事柄に重点を置いて解説し、読み進んでいきます。

講師

宇留田 初実
桜美林大学オープンカレッジ講師

受講申込

講座番号/コードNo 40013
定員 20名
受講料 20,500円 <インターネットで申込の場合、2,000円割引>
回数 全10回
日程 5/12、5/19、5/26、6/2、6/9、6/16、6/23、6/30、7/7、7/14
曜日 土曜日
時間 9:00~10:30
場所 プラネット淵野辺キャンパス

シラバス

実施日 内容
1 5月12日 「薄雲」
-①光源氏は明石君に、姫君を引き取りたい、と言います。
2 5月19日 「薄雲」
-②明石君は悩みますが、姫君を手放すことに決めます。
3 5月26日 「薄雲」
-③光源氏の車に姫君は乗り、大堰を後にします。
4 6月2日 「薄雲」
-④二条院に到着した姫君は、母君がいないので泣きます。
5 6月9日 「薄雲」
-⑤姫君は人見知りをせず、紫の上によくなつきました。
6 6月16日 「薄雲」
-⑥藤壺が重態になり、帝が行幸します。
7 6月23日 「薄雲」
-⑦藤壺は、光源氏が話している際中に他界します。
8 6月30日 「薄雲」
-⑧夜居の僧が帝に、帝の本当の父は光源氏です、と明かします。
9 7月7日 「薄雲」
-⑨帝は光源氏に、譲位したいと打ち明けます。
10 7月14日 「薄雲」
-⑩光源氏と斎宮女御は、春秋の優劣論を交わします。

ページトップ