心あたたかい絵手紙 「ヘタでいい ヘタがいい」があい言葉 心をこめてかきましょう

「ヘタでいい ヘタがいい」があい言葉の絵手紙は、絵のある手紙です。季節を感じながら、素直な気持ちで心をこめてかきましょう。実物をよく見て筆と顔彩を使ってハガキなどにかき、短い言葉と印を添えます。初めての方は、基本を大切に丁寧に教えますので、ご一緒に始めてみませんか。用具をお持ちでない方は、絵手紙B-1セットを8,424円で講師がご用意しますので、お申込み後にエクステンションセンター(042-704-7075)へお電話ください。

※※持ち物:墨、硯、墨用筆、彩色用筆、顔彩、梅皿(パレット)、筆洗(プリンの空き容器でも可)、習字用下敷き(厚手の物)、ティッシュペーパー、新聞紙、雑巾、半紙(100円ショップの物は不可)、画仙紙ハガキ。(あればスポイト)
半紙は130円/20枚、画仙紙ハガキは205円/10枚(初心者向)~で用意できます。

講師

福島 聖子日本絵手紙協会公認講師 NHK学園絵手紙講座講師

講座番号 40010
定員 16名
受講料 10,250円 <インターネットで申込の場合、2,000円割引>
回数 全5回
日程 5/8、5/15、5/22、6/5、6/12
曜日 水曜日
時間 14:30~16:00
場所 プラネット淵野辺キャンパス

シラバス

実施日 内容
1 5月8日 絵手紙の基本を学ぼう 〈絵手紙について(新緑の葉っぱをかく)〉
2 5月15日 線を大切に 〈野菜をかこう〉
3 5月22日 彩り豊かに 〈季節の花をかこう〉
4 6月5日 言葉を大切に 〈歳時記から学ぶ(梅雨をたのしく)〉
5 6月12日 夏に向かって 〈うちわにかこう(夏らしいものをかこう)〉

ページの先頭へ

ページの先頭へ