心あたたかい絵手紙
「へたでいい へたがいい」があい言葉 心をこめてかきましょう

「へたでいい へたがいい」があい言葉の絵手紙は、絵のある手紙です。季節を感じながら、素直な気持ちで心をこめてかきましょう。実物をよく見て、筆と顔彩を使ってハガキなどに描き、短い言葉を添えて印を押します。初めての方は基本を大切に丁寧に教えますので、ご一緒に始めてみませんか。
※ゴム印3本セット代として259円を別途いただきます。用具をお持ちでない方は、絵手紙B-1セットを7,722円で講師がご用意しますので、お申込み後にエクステンションセンター(042-704-7075)へお電話ください。

※※持ち物:墨、硯、墨用筆、彩色用筆、顔彩、梅皿(パレット)、筆洗(プリンの空き容器でも可)、習字用下敷き(厚手の物)、ティッシュペーパー、新聞紙、半紙(100円ショップの物は不可)、画仙紙ハガキ。
半紙は110円/20枚、画仙紙ハガキは216円/10枚~で用意できます。

講師

福島 聖子
日本絵手紙協会公認講師 NHK学園絵手紙講座講師

受講申込

講座番号/コードNo 40010
定員 15名
受講料 10,250円 <インターネットで申込の場合、2,000円割引>
回数 全5回
日程 5/9、5/23、6/6、6/20、6/27
曜日 水曜日
時間 14:50~16:20
場所 プラネット淵野辺キャンパス

シラバス

実施日 内容
1 5月9日 絵手紙について、野菜をかこう(ピーマン又はレモン又は玉ねぎ)
2 5月23日 ゴム印で自刻印をつくり、花の絵手紙に添えよう(季節の花など)
3 6月6日 果物をかこう(ビワ、サクランボ、キウイフルーツなど)
4 6月20日 梅雨を楽しく(雨具、紫陽花、カエルの置物など)
5 6月27日 夏を感じよう(ガラス器、貝殻、風鈴など)

ページトップ