10月25日(木)午後 傷に消毒薬は不要です⁉ ~痕が残らず痛くない、早く治る傷の治し方~

「すり傷、切り傷、やけどには傷口を消毒して、乾燥させる」「化膿しないように消毒をして傷口が早くふさがるように乾燥させる」…1世紀もの間、正しいとされてきた傷の治療法。新しい創傷治療である湿潤療法は、傷口を消毒しない、乾燥させないという今までの常識とは真逆の治療法です。消毒の歴史、今は不要とされるのはなぜ?という流れから、痛くない・痕が残らない・早く治るとされる現在の傷の治し方について説明します。

※インターネット申込割引除外講座

講師

井一 伸子株式会社ナルド 桜美林ガーデンヒルズ 看護師長

講座番号 50004

ページの先頭へ

ページの先頭へ