10月4日(木)午後 舞台芸術の魅力 〜市民参加企画を中心にして〜

桜美林大学芸術文化学群演劇専修では、「演劇」を実技と理論の両方から学びます。実践的な学びを通じ、演劇界の中核を担う人材を育成します。この講義を通じて、桜美林大学の特色ある学びをご紹介いたします。「観る」より「演る」方が楽しいものだ、と言ったのは「幸福論」のアラン。「舞台」にはもちろん「観る」楽しみも大いにありますが、自分が「観られる」楽しみも格別です。そのための厳しい稽古にも、幸福な時間が流れます。本大学で2007年から続いている「群読音楽劇 銀河鉄道の夜」を初め、全国で様々なタイプの市民参加企画を手掛けている講師が、実例をもとに、舞台芸術が社会に対してどのような力を持っているかを語ります。

※インターネット申込割引除外講座

講師

能祖 將夫桜美林大学教授

講座番号 50001

ページの先頭へ

ページの先頭へ