• HOME
  • COVID-19
  • 学生生活(夏休み)の過ごし方を見直そう

学生生活(夏休み)の過ごし方を見直そう

学生の皆さんへ
2022年7月20日
学務部長 太田 幸宏

 
ニュースでも取り上げられている通り、新型コロナウィルス感染症の第7波に入ったことに伴い、本学でも体調不良の連絡やコロナの感染、濃厚接触者の報告が急増しています。夏休みに備えみなさんが安全に大学生活を送ることができるよう、その場の楽しみに流されず、各自が自覚を持った行動をとるようお願いいたします。近頃学内において入構時の消毒をしなかったり、食事中にマスク無しで会話する学生が目立っております。

桜美林大学コミュニティスタンダード(以下、リンク参照)をよく読み、マスクの着用やうがい、手指消毒の励行など基本的な感染対策に加え、以下の4点を今一度確認するようにお願いいたします。

[Ⅰ] 大人数での会食を避ける

学内で報告されるコロナの感染原因の多くは「会食」となっています。普段会わない人との面会や大人数・長時間での飲食は控えてください。やむを得ず外食する場合には、黙食を徹底し、談笑はマスクをしてからするようにしてください。また、路上飲みはもちろん、自宅での大人数の食事会も慎んでください。

[Ⅱ] 課外活動やゼミの合宿について

宿泊を伴う合宿は、受け入れ先の3密回避、ソーシャルディスタンス確保の上顧問等指導者が帯同することを条件として認めます。大学が定める活動指針、課外活動におけるガイドラインを遵守し、活動を行うようにしてください。こちらに逸脱する行為が発覚した場合や同一原因で集団感染(5人以上)が発生した場合は、団体として最低2週間、特に悪質の場合は無期限の活動停止処分とします。

[Ⅲ] 感染した場合、感染が疑われる場合はすぐに報告をする

感染が判明した場合には、以下の登録フォームから詳細を登録します。フォームの登録後、授業担当教員へ授業欠席の旨を連絡します。

また体調が悪い時、感染が疑われる場合は、各キャンパスの保健衛生支援室へ、メールもしくは電話で報告・相談します。「のどが痛い」などの症状が見られた場合は感染している可能性が非常に高いので、相談するようにしてください。

※現在お問い合わせが多く、電話がつながりにくくなっております。その際はメールにて連絡するようお願いします。

・町田・千駄ヶ谷キャンパス:042-797-6821/health@obirin.ac.jp
・新宿キャンパス:03-3366-0113/s_health@obirin.ac.jp
・東京ひなたやまキャンパス:042-739-0063/h_health@obirin.ac.jp
・多摩キャンパス:042-356-6522/t_health@obirin.ac.jp

ガイドラインやフローについては、以下、本学ホームページをご確認ください。

[Ⅳ] その他注意事項

ワクチンの3回目接種は、発症を予防し重症者等の発生をできる限り減らすことを目的としています。新型コロナウィルス感染症から大切な毎日を守るためにも「3回目のワクチン早期接種」にご協力をお願いいたします。

また帰省や旅行などで重症化しやすい高齢者へ感染を広げないように、移動の前には無料検査場での検査や簡易な抗原定性検査などを積極的に受けるようにしてください。

定期試験も近づいております。今一度、ご自身の感染対策を見直し万全の状態で試験を迎えられるようにしてください。

以上、よろしくお願いいたします。

ページの先頭へ