• HOME
  • COVID-19
  • 「短期海外研修プログラム 2021年度秋学期の中止について」

「短期海外研修プログラム 2021年度秋学期の中止について」

2021年10月8日
 
保護者各位
学生各位
 

中期(1学期型)・長期(1学年型)プログラムの一部については、2022年春学期からの派遣再開をご案内(9月9日付)したところです。これと併せて、2021年度秋学期・短期海外研修プログラムについても再開が可能かどうか、2022年2月・3月の実施に向けて現況調査を継続してまいりました。

その結果、短期プログラムにおいては、中・長期型プログラムとは異なる以下の点について、安全な催行のために必要な要件が整わないため、大変残念ではありますが、やむを得ず中止の判断をいたしました。皆様におかれましては、下記事情ご高察のうえ、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

1.政府等ガイドライン

  1. 外務省感染症危険レベル2・3が継続発出中である。感染拡大や変異株へのリスクは消滅していない。
  2. 厚生労働省・水際対策による行動制限が続いている。1週間から数週間程度の短期プログラムにおいて、水際対策等に対応するための経済的・時間的負担が、相対的に大きい。

2.社会の動き=往来制限・行動制限が解消するまでもうしばらくかかる

  1. 日本入国後隔離期間の短縮(14日→10日)実現。より一層の短縮がまたれる。
  2. ワクチンパスポートのデジタル化が検討されている。
  3. 各国での入国制限や行動制限が継続している。

3.旅行会社からの情報

  1. 上記政府等の制限が解けない場合には、安全なプログラム催行に不可欠な旅行会社との協業ができない。
  2. 最少催行人数が集まらないリスクが、平時より高い。もしくは参加者の大幅な減少により、一人当たり参加費用の高騰する可能性がある。


下記のようなオンライン上の交流機会・学びの機会を用意しておりますので、ぜひご活用ください。

<留学・国際交流の情報>

<留学・国際交流の相談、問い合わせ>

ページの先頭へ