• HOME
  • covid-19
  • 春学期の授業運営、学納金、学生支援について

学生、保護者の皆様へ 春学期の授業運営、学納金、学生支援について

はじめに

首都圏における新型コロナウイルス感染症の拡大によって、政府による緊急事態宣言が出され、東京都及び神奈川県から、大学の業務に関する強い要請、指示が出されました。大学には多くの学生が集まることから、いわゆるクラスターが発生しやすいので、感染防止のため、キャンパスを閉鎖するということを強いられています。

本学ではこれを受けて、春学期の開始時期を4月下旬に延期し、かつ、インターネットを介したオンラインによる授業を展開することとしました。基本的には通常の教室で行っている内容を、その質や量を維持しながら、オンライン上で実施するという考え方です。オンラインでは開講できない授業、例えばチームスポーツや、大型の機器を使った実習などについては、通学が可能となる時期にずらして開講することとし、春や秋の学期外の時期になる可能性もあります。

オンラインによる授業を実施していくにあたり様々な整備を行いました。まず、1年生から4年生まで全員が利用できる情報機器の端末を大学で準備し、一人ひとりに貸し出すことにしました。すでに手続きが進んでおり、在学中は返却義務がないものとして取り扱っています。また、サポートセンターを設置し、教員や学生からの疑問や質問に対応すると同時に、機器やオンラインソフトの利用方法についての研修会も実施しています。さらに必要な情報をひとつのサイトにまとめ、随時、必要な情報を更新して、教員や学生の皆さんをサポートしています。

今、私たちが取り組んでいるのは、新型コロナウイルスの影響を受けて、社会全体の環境が変わる中で、大学としての質を維持した授業の展開と、学期ごとに必要な単位の授与、そして適切な評価の方法などを確立することです。いよいよ春学期が開始されますが、学期途中であっても、この取り組みは継続してまいります。

本来であれば、春の桜が咲く季節に学生の皆さんがキャンパスに入ってきて、新しい友人や先生と一緒に学生生活を始めますので、そのことを考えると非常につらいところです。しかしこの困難にあってもなんとか学生の皆さんと一緒になって学業を成立させるということが、私たちの使命ですので、今後も必要なことについては積極的に導入していきます。

1.学費に関する問い合せについて

さて、学費に関する問い合わせが大学に寄せられるようになりましたので、このことについてもお話させて頂きます。4月の春学期開始が通常よりも2週間程度遅れたことや、キャンパスでの施設設備が利用できないこと、オンラインによる授業に変更されたことなどを理由として、授業料や施設設備費の一部返還を求める声です。

まず、問い合わせや要望等を頂きましてありがとうございます。特に学生の皆さんにとっては、このような質問をすることは勇気がいることで、その行動力に敬意を表したいと思うと同時に、大学として誇らしく思います。この件について、2つの観点からお話します。ひとつは、大学の学納金の考え方について、もうひとつは、今回の新型コロナウイルスの影響を受ける学生に対する本学の経済的な支援や対応策についてです。

ここからの説明については、学納金の考え方の根拠となることを示すことが目的になるので、事務的で淡々とした口調になることをご容赦ください。

1)授業や教育に関する費用について

本学の学納金の中に定められている項目には、入学金、施設設備費、授業料、教育充実費、卒業諸費があり、それぞれ、用途が決まっています。担当窓口によると、今回の問い合わせの中でも、特に、オンライン授業導入による授業料の減免、施設設備を使用できないことによる施設設備費の減額要求が多いとのことです。

まず、授業や教育に関する費用は、卒業に必要な総単位数である124単位、4年間、8学期を原則として設定しています。1学期は授業期間(14週間)と試験期間(1週間)をあわせて15週間で組んでおり、春学期と秋学期の2学期制としています。夏季休業期間(約1ヶ月半)と冬季休業(約2週間)、春季休業期間(約2ヶ月)には正規授業を設定していませんので、授業料は発生しません。授業料は、124単位の総額を学期ごとに分割して納入して頂いています。登録単位数の違いにかかわらず、各学期、同額です。ただし、124単位を超えて単位を取得する分については追加の授業料を徴収せず、免除しています。なお、実技や実習、免許や資格の取得にかかる費用については、その種類や規模によって別途徴収される科目もあります。

授業のシラバスで示されている学修内容や学修レベルを達成できれば、ひとつの評価とともに単位が授与されます。単位の認定においては、どのような認定方法であっても、その価値が変わることはありません。従って、正式な単位が授与される限りにおいては、授業形態による授業料の変更はできません。今回のオンライン授業はもちろんのこと、他大学や他機関、国内におけるフィールドワーク、海外留学、海外ボランティアプログラム、資格試験等による単位認定等があり、卒業と学位取得に算入できる単位の価値は変わりません。

一方、授業科目における単位の授与の可否については、授業科目ごとのシラバスで約束している内容等に基づき、厳格な成績評価とともに決定されますので、不合格となる場合は単位も認定・授与されませんし、授業が実施されたあとの結果であれば、授業料の返還も発生しません。

つまり、国から認可を受けて教育を提供し正式な学位を授与する大学としては、授業による単位の価値や、授業評価の基準などを、安易に下げることはできないのです。国際的水準認定を受けた世界の多くの大学と同等連携しながら単位互換を行っているので、授業料を下げるということは、展開している授業の質や、それによって認定・授与する単位の国際社会的価値を結果として下げることになり、結局は学生の皆さんの学修自体の価値を下げることになってしまうのです。ですからどのような形であっても、授業の質と量を維持した上で単位を認定・授与することが必要で、その結果、価値が保たれるのです。

2)施設設備費について

次に、施設設備費ですが、本学の施設や設備の利用及び維持管理料として設定しています。施設設備費の中には校地、校舎の使用のみならず、情報ネットワークやオンラインシステム、ソフトウェアの利用料も含まれています。施設設備費についても、授業料と同様に4年間、8学期を前提とした総額を分割して納入して頂いています。施設設備費が定額となっているのは、個々の学生の使用頻度や使用量によって納入額を変えてしまうと、自由に利用することができなくなり、自由な学修ができないからです。また、本学の過去の卒業生の皆さんが納入してきた施設設備費を基金として、現在のキャンパスにおける校地校舎が整備されていることからすると、在籍している当該年度の学生の皆さんの使用頻度や使用量に応じた徴収額の変更は、説明がつきません。

2.学生生活支援や経済的支援について

本学では、学生個々人や保護者の皆様が納得いく学修を実現するために、学籍や成績に関する様々な制度を設けております。成績が好調であれば履修できる単位数が増えたり、何かしらの理由で成績がふるわなければ履修単位数を減らしたり、また、小額の在籍料で休学したりすることもできます。また、諸般の事情で退学しなければならない場合であっても、状況が回復してから復学する制度もあります。他大学で履修した単位や海外留学によって取得した単位を、卒業に必要な単位に算入することも可能です。学修環境が大きく変わる中で、できるだけ納得する形で学修を進めるという意味においては、このような制度を利用することも可能です。

また、給付型の奨学金や貸与型の奨学金については、本学独自の制度のみならず、国の制度、他団体の制度があるので、自分の状況にあった支援を求めることが適切です。本学でも支給型の奨学金の他に、学納金の分納や延納の制度もありますので、必要に応じて活用してください。特設サイトで詳細な説明が記載されていると同時に、個別の相談を受け付けています。

今回の新型コロナウイルス感染拡大によって、学生の皆さんの生活状況もかなり影響を受けていますので、本学でもすでに、留学関係で1億円規模、オンライン授業関係で5億円規模の費用を負担し、学生の皆さんを支え、その学修環境を整えてきました。今回の新型コロナウイルスの影響によって、今後も、生活に困窮する学生や学修に困難を伴う学生への支援を、時限的な制度整備も含め、可能な範囲で継続的に支援していきます。

学費や学生支援に関する説明については以上ですが、今回の新型コロナウイルス感染症の拡大から派生した未曾有の環境下におかれた大学として、様々な制限がある中、まずは学生の皆さんの感染防止、安心安全の生活、そして学修機会の両立を実現できるように、大学は総力をあげて学修環境を整えてきたことをお伝えしておきます。この制限多き中にあっても、遠隔教育を実施するにあたり、図書館では電子書籍を拡充したり、データベースへの同時アクセス数を増やしたりするサービスを補強し、オンラインの授業を展開するに十分な整備を行うと同時に、奨学金や在籍等に関する柔軟な対応、及び、学費の支払い方法に関する対応など、様々な形で学生の皆さんの学修や生活を支える努力を続けています。これについてはぜひ、ご理解を頂きたく存じます。

3.オンライン授業に関するお願い

オンライン授業を開始するにあたりお願いがあります。在籍学生全員に情報端末機器を無償で貸与することにし、すでに1年生から4年生まで貸与希望の申し込みの手続きが進んでいますので、それぞれ有効に活用して、学習効果を高められるように自分でも工夫してください。

オンラインによる授業の活動内容としては、教員による講義の他に、質疑応答や学生どうしのディスカッション、授業内の課題や小テスト、学生による発表などがあります。また、オンラインであっても比較的小さなスペースで可能なものは、練習や実技、実習もできるでしょう。また、授業中にオフラインにする時間帯もあるでしょうし、授業時間外で指定される学修、例えば、予習や復習、課題図書やレポートなどの宿題もあります。

各授業で学ぶべき内容や到達レベルについては、シラバスに明記されています。授業のコミュニケーションの方法としては、ZOOMだけではなく、E-CampusやMoodle、メール等も利用しながら進められますので、授業の目的を達成できるようにしっかり頑張ってください。オンラインによる授業の可能性はこれからかなり広がっていくと思いますので、担当教員と履修学生で協力しながら予定以上の価値を生み出してください。

また、オンラインで開講できなかった授業を、春学期終了後に集中講義で行うこともありますので、今年度の補講や集中講義に関する情報についても、これから確認するようにしてください。

最後に

桜美林大学は私立大学です。学校法人桜美林学園が設置する学校のひとつです。学校法人ですので、非営利団体であり、公教育の役割も担っています。本学はできる限り情報公開を行っていますので、必要に応じて大学の公式サイトのみならず、学園の公式サイトもぜひご覧ください。

営利企業が提供する商品やサービスに対価を支払うこととは異なり、大学の場合は、対価を支払うその本人が教育を受けることによって成長し、豊かな人生につなげていくことが事業の本質になります。また、学生は対価を支払うことによって教育を受けるものの、学籍が発生するので、桜美林大学の学生として社会的な存在になっていきます。その言動は、その人のみならず、所属する大学にも問われます。つまり、大学の一員であるとすると、今回の未曾有の状況は、教職員や学生が一緒になって乗り越えていくべきことです。

この困難な状況においてもどのようにして質の高い教育環境を提供できるか。学修を保証できるか。学生が成長できるか。新型コロナウイルスは重大なテーマを私たちに与えていると思いますので、学生と一緒になって、大学の価値や、学修の価値、学生の皆さんの価値を高められるように努力を重ねたいと思います。まだ新型コロナウイルス感染拡大が終息する見通しがついておりませんが、粛々と教育活動を進めつつ、その上で結果を評価、判断し、必要に応じた対応をしていきたいと考えておりますので、ご理解を頂きたく、どうぞよろしくお願いいたします。


2020年4月24日(金)
桜美林大学

ページの先頭へ