言語教育研究科 英語教育専攻【修士課程】教員紹介

  • 学位:修士(英語教育)
  • 修士課程
  • 町田キャンパス
  • 入学定員10人

研究指導教員一覧

教授 修士(文化人類学)
足立 匡行 Adachi Masayuki

異文化理解教育、言語と文化

[最終学歴]
ウェイクフォレスト大学大学院修了(文化人類学修士)
[主な担当授業科目]
英語文化論
[所属学会]
日本文化人類学会、International Association of World Englishes、大学教育学会
[主な著書・論文]
An Analysis of Junior High School English Textbooks in Japan(The Journal of Language and Culture in Asia、2015)、Linguistic Landscape in Japan─focusing on English language in Japanese signage in Tokyo─(東方學術論壇、 Forum on Oriental Academic Research、 2014)、English and Paradoxical Social Structure of Japan(Studies in Language and Culture、The Journal of J. F. Oberlin University、2012)
 

教授 修士(応用言語学)
Steven Gershon ガーション スティーブン

Curriculum Development; Materials Design; Methodology

[最終学歴]
レディング大学修了(応用言語学修士)
[主な担当授業科目]
英語授業学、英語教育学理論
[所属学会]
Japan Association of Language Teachers(JALT)、Educational Enrichment and Enhancement Foundation(E3F)、Balsamo Outreach for Learning and Teaching (BOLT)
[主な著書・論文]
Present Yourself (Two-level EFL Coursebook Series in Presentation Skills、Cambridge University Press Publishers、2015)、Words, Words, Words( TYOchap’zine, Tokyo JALT、2011)、New English Upgrade( Three-Level EFL Coursebook Series in American English)(共編著:Macmillan ELT Publishers、2008)

教授 修士(文学)
小池 一夫 Koike Kazuo

英語学、英語史、英文法論、英語語彙文化論

[最終学歴]
日本大学大学院修了(文学修士)
[主な担当授業科目]
英文法論、英語史、専攻演習
[所属学会]
日本文体論学会、日本英語表現学会、日本英語教育英学会
[主な著書・論文]
Key Events in the Formation of Present-Day English(Language and Semiotic Studies, 2016)、How Has English Been Taught and Learned in Japan?(The Journal of Language and Culture in Asia、2015)、定冠詞の成立とその背景(共編著:英語英米文学研究—片平会五十周年記念論文集—、金星堂、2015)、The Sense of Distance among the Words Referring to Relatives in English(Forum on Oriental Academic Research、2014)、英語語彙の意味と構造(第2版 )(日本英語言語学研究推進会、2009)、Working with English Gramma(r 共編著:青磁書房、2005)、語と構造の間—英語学研究序説—(青磁書房、 2002)、英語の作文法と表現法—英語コミュニケイションの現実と可能性—(共編著:英宝社、1996)、英語学概説(青磁書房、1992)

教授 修士(文学)
原田 美知子 Harada Michiko

アイルランド文学・文化

[最終学歴]
中央大学大学院修了(文学修士)、東洋大学大学院 博士後期課程満期退学
[主な担当授業科目]
イギリス文学演習
[所属学会]
The International Association for the Study of Irish Literatures、日本イェイツ協会、日本文体論学会
[主な著書・論文]
御しがたい瘋癲老女̶W. B. イェイツの詩における老い(桜美林世界文学、2016)、On the Translations of Poem 9 in the Ogura Hyakunin Isshu(The Journal of Language and Culture in Asia、2015)、Peter McMillan訳『小倉百人一首』について(英語学・英語教育研究、 2015)、Political Balladsがもたらしたもの— Yeatsにおける政治と文体(桜美林世界文学、2014)、移住と亡命̶アイルランド人の故郷観(桜美林世界文学、2013)

教授 修士(応用言語学)
松田 麻利子 Matsuda Mariko

英語文体論、特に英語教育への応用

[最終学歴]
南イリノイ大学大学院修了(応用言語学修士)
[主な担当授業科目]
英語表現論 
[所属学会]
日本文体論学会、JACET、日本英語教育英学会
[主な著書・論文]
Challenges in Translating ‘International’ Novels: Ishiguro’s Early Works Set in Japan(Language and Semiotic Studies、Vol.2、No.2、Summer 2016)、人称と文体と語りの視点(言語文化研究、桜美林大学、2015)、Who is 'You' for Holden Cauleld in Salinger’s Novel The Catcher in the Rye?(The Journal of Language and Culture in Asia、2015)、語り手による人称代名詞の使い分けがもたらす文体的効果─Kazuo Ishiguroの作品から(英語学・英語教育研究、2015)、Stylistic Effects of the Use of Personal Pronouns in The Remains of the Day by K. Ishiguro(東方學術論壇、Forum on Oriental Academic Research、2014)、EmmaにおけるJane Austenの語りの技法と語り手の役割(言語文化研究、2012)

教授 修士(文学)
山岡 洋 Yamaoka Hiroshi

英語学、語法文法研究、日英語比較言語学

[最終学歴]
日本大学大学院博士後期課程満期退学
[主な担当授業科目]
英語学特論、英語音声学
[所属学会]
日本英文学会、日本英語学会、英語語法文法学会
[主な著書・論文]
新英文法概説(開拓社、 2014)、『有界性』の適用可能性(英語学・英語教育研究、日本英語教育英学会、第19巻、33号、2014)、現代英語におけるムード二分法と『モダリティ領域』内の文体的制約(文体論研究、日本文体論学会、第55号、2009)、A Word Classification in English on the Basis of Syntactic Function(Journal of English Language and Literature(Nihon University、52、pp.201-226、2004)、A Comparative Study of Tense in Complement Clauses in English and Japanese(JELS、16、pp.249-258、1999)

ページの先頭へ