• HOME
  • 大学院
  • 国際学専攻【博士前期課程】

国際学研究科 国際学専攻【博士前期課程】

  • 学位:修士(国際学)
  • 博士前期課程
  • 町田キャンパス
  • 入学定員10人

専攻紹介

グローバル化が進む現代において、学際的な創造力、未来を見通す洞察力、問題を解決する行動力が求められており、国際学専攻ではこうした力を備えた人材の育成を目指しています。このため、本専攻には、グローバルな視点から政治、経済、国際関係、環境などを中心に研究を進める国際社会専修と、地域の視点から研究を進める地域文化専修(アジア・日本・アメリカの3研究コース)を置くとともに、学際的な研究も可能なように教育課程を編成しています。これら2専修に必要とされる専門科目は、人文科学(文化、思想、歴史など)及び社会科学(政治、経済、環境、福祉など)の各分野から構成され、希望する研究分野を集中的にもしくは横断的に学修することを通して、それぞれの学問上の方法論や内容を習得し、広い視野に立った学際的な研究が可能となります。また、個々の研究に関連する他専攻の専門科目の履修も修了要件に認めることによって研究の幅を広げることができます。取得できる資格としては中学校教諭専修免許状「社会」、高等学校教諭専修免許状「地理歴史」「公民」があります。

修了要件

科目分野
単位数
 
学位
 
専門科目(専攻の共通科目及び所属する専修の専門科目から選択必修)
14単位以上*
修士(国際学)
専門科目(研究科内の専門科目及び演習科目から自由選択) 12単位以上
専攻演習ⅠA・ⅠB・ⅡA・ⅡB 各1単位、計4単位(必修)
合計単位数 30単位以上**
修士論文(もしくは研究成果報告) 必修

※研究成果報告を選択する場合は、*の14単位以上が16単位以上、**の合計単位数は32単位以上となります。なお、以上の要件を満たして修了した上で、修士(国際学)の学位が授与されます。
 

取得できる資格

中学校教諭専修免許状
高等学校教諭専修免許状
社会
地理歴史/公民

教職課程に関する情報公開

カリキュラム

教育課程編成・実施の方針

本大学院の「教育課程編成・実施の方針」に基づき、本専攻では科目区分を「専門科目」と「専攻演習」「特別科目」に分けて編成し、国際比較的思考を身につけ、国際的視点と判断力を有する高度専門職業人及び研究者の養成につながる教育課程を編成しています。

履修科目

時間割

平日は主として第2時限(10時40分開始)から第7時限(21時終了)を中心とし、第7時限終了時までスクールバスが用意されています。一部の授業は土曜日にも設定されています。

教育方針(三つの方針)

1.修了認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

2.教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

3.入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

関連コンテンツ

ページの先頭へ