• HOME
  • 大学院
  • 国際協力専攻【修士課程】

国際学研究科 国際協力専攻【修士課程】

  • 学位:修士(国際協力)
  • 修士課程
  • 町田キャンパス
  • 入学定員10人

専攻紹介

国際協力専攻の教育課程は、講義科目と実習科目から編成されており、国際協力の「理論」と「実践」を体系的に学ぶことができます。「理論」については、国際協力全般にわたる基礎的な知識を身につけるため、学際的な教育・研究を行っています。国際政治、国際法、国際関係といった科目はもとより、新たに追加された理系・文系の環境分野、移民や多文化の分野も含まれています。

一方、「実践」については、国際協力機関や、NGOでのインターンシップなど、国際協力活動に参加する機会を数多く設けています。また国際協力専攻では、青年海外協力隊や、NGO、NPO、国際交流団体などに参加した人々を積極的に受け入れ、自身の活動経験をまとめた研究成果報告による修士の学位の授与も認めています。

修了要件

科目分野 単位数 学位
専門科目 専門科目群(演習科目を 除く)から22~26単位以上(A ~ Cの中から1つを選び10単位以上)* 修士(国際協力)
自由選択科目(同研究科の他専攻科目内より自由に選択できる) 4単位まで
専攻演習ⅠA・ⅠB・ⅡA・ⅡB 各1単位、計4単位(必修)
合計単位数 30単位以上**
修士論文(もしくは研究成果報告) 必修

※「研究成果報告」を選択する場合は、*の10単位以上が12単位以上となる。(**の合計単位数は32単位以上となる)

将来の進路

各団体・機関における日本の国際協力の専門家は依然として不足しており、このような分野に人材を供給していくことを目指しています。修了者は、NGO、NPO職員をはじめ、JICAや国連などの国際機関やその関連団体、海外の各機関、調査研究機関などで 国際協力の専門的職業人としての活躍が期待されます。

カリキュラム

教育課程編成・実施の方針

本大学院の「教育課程編成・実施の方針」に基づき、本専攻では科目区分を「専門科目」「特別科目」に分け、紛争や難民、貧困や差別、環境汚染、地域規模の移民等のグローバル諸問題を、具体的解決につなげる実践力と現代社会に対する問題意識や問題解決への行動力をもった専門職業人の育成に重点を置いた教育課程を編成しています。
 

履修科目

時間割

平日は主として第2時限(10時40分開始)から第7時限(21時終了)を中心とし、第7時限終了時までスクールバスが用意されています。一部の授業は土曜日にも設定されています。
 

教育方針(三つの方針)

1.修了認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

2.教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

3.入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

関連コンテンツ

ページの先頭へ