桜美林大学大学院 経営学研究科 MBAプログラム新設

イメージ図

新宿キャンパスは、企業と連携した実践的教育の場や、将来の有望企業を産み出すためのインキュベーションのための施設を備えており、新たな知性を創造するための拠点となります。また、海外の経営大学院との協働プログラムの実施はもとより、学修や教員との付加価値交流の場となる大学院専用のラウンジ、電子図書館などの新たな機能も加わり、アナログの伝統的価値を損なうことなく、最先端のデジタルの恩恵を豊かに享受できるスマート・バランス・キャンパスをめざします。

2019年度新たに誕生!経営学研究科3つのポイント

Point 1 他大学にはない、新しい6つのコース

2019年4月に新宿キャンパスへと移転する経営学研究科。この移転に伴い、経営学研究科ではこれまで以上にグローバルで実践的な、企業経営の思想や技術の探究が可能になりました。
その大きなポイントとなるのが、学生のニーズに応えた6つの特色あるコースの設置です。これまでの経営学研究科での学びを継承した経営管理コースをはじめ、修士課程では他にないエンターテインメントに関するコースや、中国語でMBAを修了することも可能なコースなど、独自性を持たせると同時にこれからの社会で求められるカリキュラムを充実させました。また起業家育成をめざす事業創造コースでは学内にインキュベーションルームを設置。
その他、国際シンポジウムなどが開催できる大ホールや、ITを活用した電子書籍図書館、落ち着いて学べる大学院ラウンジなど、幅広い世代の学びたいというニーズに応える多様な設備を備えています。

各コース紹介

経営管理コース[修士研究プログラム]

エンターテインメントマネジメントコース[MBAプログラム]

事業創造コース[MBAプログラム]

アジアビジネスコース[MBAプログラム]

経営実践コース[MBAプログラム]

大学マネジメントコース[MBAプログラム]

Point 2 NEW!MBAプログラムを設置

社会で活躍するビジネスパーソンの、より高いビジネススキルを身につけたいという要望に応えるために、経営学研究科では2019年より専門職学位課程ではない、MBAプログラムを設置。従来の経営学の修士課程のカリキュラムよりも実践的な内容で、ビジネスの現場で生かせるさまざまなノウハウの修得をめざします。また修了に関しては修士論文ではなく研究成果報告を必須とし、アジアビジネスコースであれば中国語で受講して修了も可能など、柔軟性の高いカリキュラムとなっています。

Point 3 社会人にも!学びやすい環境と設備

JR山手線の新大久保駅が最寄り駅となる新宿キャンパス。通いやすい立地に加え、授業時間も早朝7時に始まる0限から20時30分に始まる7限まで開講。さらに土曜日にも履修できるなど、都心で働くビジネスパーソンに対応したカリキュラムを設置しています。また大学院では珍しいクオーター制を採用し、短期間で集中して学べます。さらに海外の大学と提携した「サマーセッション」の受講や自分が学びたい科目のみを履修することも可能。忙しいビジネスパーソンでも学ぶことができる、続けることができる学修環境を用意しました。

ページの先頭へ