芸術文化学群 2020年4月、新キャンパス開設。

10月から建設が始まった広大な空間

2020年4月、旧市立本町田中学校と同本町田西小学校の跡地である約3万1550平方メートルの広大な空間に、(仮称)桜美林大学本町田キャンパスが誕生します。

演劇、ダンス、音楽、ビジュアル・アーツを学ぶ芸術文化学群が移転。芝生広場を中心に東西に伸びやかに広がる3階建ての校舎を配置。教室棟、スタジオ棟、音楽棟など、用途に合わせて5つの建物で構成されるほか、21年4月には劇場・ホール棟を整備し、学生約1600人の芸術創造や交流、発信の拠点となります。

また、大規模団地「山崎団地」と隣接している本キャンパスは、地域との共生を目指し、地域に開かれた中央広場、東側広場の計画を進めており、地域活性化の拠点としても期待されます。

特色ある学群を目指して

本学では学群制を導入して、リベラルアーツ系とプロフェッショナルアーツ系の学群を作りました。大学全体の理念に基づきつつ、学群ごとに特色ある教育や研究を行える体制を構築。2019年4月に開設する新宿キャンパス(ビジネスマネジメント学群)に続き、学群を拠点化することで各学群の教育を強化しています。芸術文化学群は、今年の4月、学びのステージを4専修から3専修に再編。入学定員も150人増加させ400人へと大幅増員。そして、現在町田キャンパス内に点在している芸術文化学群の校舎がひとつにまとまることで、学群制の特徴をさらに活かすことができます。

劇場・ホール以外にも屋外や屋上にオープンスペースを確保。ラーニング・コモンズの場がキャンパスの至る所に用意され、さまざまな芸術活動が交差するアートの空気に満ちた学びの場になる予定です。キャンパス内には、芸術分野の図書を揃えた専門図書館を設置。外部の人も利用できる予定で、近隣の人の学びの場、学生と対話する場として期待されます。
また、芸術文化学群の教育を強化するために、各専門の教員の強化や芸術分野と関連づけた教養科目の整備など、カリキュラムの見直しも図っていきます。

アクセス

概要

施設

所在地 東京都町田市本町田
2591-3、2596-2
敷地面積 31,550㎡
延床面積
第1期工事 18,953.83㎡
第2期工事 2,852.34㎡(予定)
合計 21,806.17㎡(予定)
構造 鉄筋コンクリート造、鉄骨造

スケジュール

第1期 2018年10月~2020年1月
→2020年4月開校
第2期 2019年 8月~2020年10月(予定)

ページの先頭へ