国際化戦略(国際化ビジョン)

桜美林⼤学の国際化戦略−REDEMPTION 21『世界から⼈が集まる⼤学』を⽬指して−
桜美林⼤学は、学校法⼈桜美林学園が創⽴100周年を迎える2021年をひとつの⽬標として、世界各地から学⽣や教職員が集まり国際的に通⽤する⼤学となることを⽬指した国際化戦略「REDEMPTION 21」を策定する。

結果として、桜美林⼤学は以下の実現を⽬指す。(数値⽬標は2021年度までの達成⽬標値)

  1. 機能分化した学群による柔軟で国際的に通⽤する教育研究
  2. 英語による授業が多く、あらゆるレベルで英語が通⽤するキャンパス
    <数値⽬標1>英語による授業科⽬数を185科⽬程度に増やす。(2013年度実績:71科⽬)
    <数値⽬標2>英語⼒基準(IELTS: 6.0以上、TOEIC®:800点以上相当)を満たす専任職員数を35⼈程度に増やす。(2013年度実績:28⼈)
  3. 外国籍の学⽣や教職員が25%程度在籍するグローバルなコミュニティ
    <数値⽬標1>外国⼈留学⽣数を2,100⼈程度に増やす。(2013年度実績:536⼈)
    <数値⽬標2>外国籍の専任教員数を47⼈程度に増やす。(2013年度実績:39⼈)
    <数値⽬標3>外国籍の専任職員数を8⼈程度に増やす。(2013年度実績:5⼈)
    <数値⽬標4>混住型学⽣宿舎に⼊居する外国⼈留学⽣数を615⼈程度に増やす。(2013年度実績:136⼈)
    <数値⽬標5>奨学⾦を受給等する外国⼈留学⽣数を375⼈程度に増やす。(2013年度実績:10⼈)
  4. 強固な海外ネットワークに⽀えられた活発なモビリティ
    <数値⽬標>⼤学間協定に基づく交流校数を225校程度に増やす。(2013年度実績:135校)
  5. 豊かな海外留学による付加価値を活かすグローバル・キャリア
    <数値⽬標>⽇本⼈学⽣の留学経験者数を2,225⼈程度に増やす。(2013年度実績:652⼈)

ページの先頭へ