老年学研究科が東京老人保健施設協会と推薦入試に関する協定を締結

2017/11/10


(左から)三谷学長、平川会長

桜美林大学大学院老年学研究科は、一般社団法人東京老人保健施設協会(東京都新宿区、平川博之会長)と推薦入学者選抜制度導入の協定を締結しました。

これは超高齢化社会を見据え、高齢者の生活の質を高めるための支援ができる高度専門職業人養成を促進することを目的とするもので、10月に締結した全国有料老人ホーム協会と全国老人福祉施設協議会に続くものです。

11月10日(金)に四谷キャンパス(千駄ヶ谷)で調印式が行われ、平川会長は挨拶で「介護老人保健施設は、他の施設と比べて質の高い介護の人材が必要です。そして向上心を持って働いてほしいため、キャリアアップが大事だと言い続けいます。そういった点から、今回の協定には期待することが多々あります」と話しました。

お問い合せ

桜美林大学 入試事務室
TEL : 042-797-4201

最新のお知らせ

境川クリーンアップ作戦 町田市倫理法人会で本学学生が調査結果を発表

2017/11/15

町田市と相模原市のコミュニティーの活性化を目的とした「境川クリーンアップ作戦」。…

続きを読む

芸術文化学群映画専修初の劇場用映画「やがて水に帰る」12/2(土)公開

2017/11/13

芸術文化学群映画専修初の劇場用映画「やがて水に帰る」が、12月2日(土)から渋谷…

続きを読む

ホームカミングデーを開催しました

2017/11/10

大学祭が開かれていた11月5日(日)、桜美林大学の卒業生や退職された先生方を母校…

続きを読む

ページトップ