本学卒業生の大西富士子さんがセーリングワールドカップで日本人初の表彰台に

2017/11/02

10月21日、愛知県蒲郡市で開催された「セーリングワールドカップ 愛知・蒲郡大会」で、本学卒業生の大西富士子さん(2006年度文学部卒)が、総合2位で日本人初の銀メダルを獲得しました。 大西さんが活躍しているのは、ウィンドサーフィンのRS:X艇女子。これは東京五輪の正式種目でもあり、大西さんも3年後の大舞台を目指しています。

「ワールドカップの総合ランキングをトップ10まで上げ、8月の世界選手権でもトップ10に入るのが2018年度の目標です」と語る大西さん。東京五輪については、「本番でメダルを取り、ウィンドサーフィンをたくさんの方に知ってもらい、是非楽しんでいただきたいと思います」とコメント。

在学生に向けては、「努力し続けている姿を周りの人は必ず見てくれています。ぜひ皆さんも自分の夢や目標に向かって努力して、1日1日を大切に歩んでいってください。私もまた、皆さんに良いご報告ができるようにしっかりと頑張ります」とメッセージをくださいました。


大西さん(写真左)

お問い合わせ

学校法人桜美林学園 学園広報室
TEL : 042-797-9772
URL : 大西富士子オフィシャルサイト 

最新のお知らせ

境川クリーンアップ作戦 町田市倫理法人会で本学学生が調査結果を発表

2017/11/15

町田市と相模原市のコミュニティーの活性化を目的とした「境川クリーンアップ作戦」。…

続きを読む

芸術文化学群映画専修初の劇場用映画「やがて水に帰る」12/2(土)公開

2017/11/13

芸術文化学群映画専修初の劇場用映画「やがて水に帰る」が、12月2日(土)から渋谷…

続きを読む

老年学研究科が東京老人保健施設協会と推薦入試に関する協定を締結

2017/11/10

桜美林大学大学院老年学研究科は、一般社団法人東京老人保健施設協会(東京都新宿区、…

続きを読む

ページトップ