留学生が町田天満宮祭りでみこし体験

2017/09/28

9月24日に開かれた町田天満宮祭りにおいて、本学短期留学生30人が原町田六丁目町内会「六生会」のみこしを担ぎました。

これは、留学生に日本文化に触れてもらう目的で、東京町田サルビアロータリークラブのご厚意により22年続いているイベントで、今年はアメリカ、イギリス、イタリア、オーストリア、韓国、中国、台湾、マカオ、ブラジル、フィリピンからの短期留学生が参加。
留学生たちは、六生会のはんてんに身を包み、勢いの良いかけ声を上げながら町田の商店街を練り歩きました。

みこしを担いだ後は、たこ焼きやかき氷などの夜店を楽しみ、日本の文化を体感した留学生たちは皆満足の笑顔であふれていました。

~参加者感想~
呉柏翰さん(台湾)
ずっと日本の伝統的なお祭りに参加したいと思っていて、良いチャンスだったので参加しました。みこしは、50人で担いでも重く、肩が痛くなりました。前後の人との距離も近いので、担ぐのは大変でしたが、六生会の方や他の友達と一緒に声を出して担いでいるうちに慣れてきました。夜店も楽しむことができ、体は疲れたものの、心の充実度の高い1日を過ごせました。

お問い合わせ

桜美林学園 学園広報室
TEL : 042-797-9772

最新のお知らせ

田部幹也選手が箱根駅伝「関東学生連合チーム」選手に決定

2017/10/17

10月14日に立川市で行われた「第94回東京箱根間往復大学駅伝競走予選会」におい…

続きを読む

草の根プロジェクト20周年記念展示

2017/10/17

草の根国際理解教育支援プロジェクトが、今年度で活動開始から20周年を迎えたことを…

続きを読む

キサイサ選手が個人1位、チームも過去最高の21位-箱根駅伝予選会

2017/10/16

陸上競技部駅伝チームが、10月14日に立川市で行われた「第94回東京箱根間往復大…

続きを読む

ページトップ