桜美林大学生のサービスラーニング地域貢献活動時間2016年度:総計9,574時間

2017/09/28

本学では、2012年度より「サービス・ラーニング」という学習方法を科目に取り入れています。サービス・ラーニングとは、地域社会の問題を解決するために、本学学生が大学の授業で学んだことを地域貢献活動を通して特定のコミュニティに還元していくものです。
学生は、「教室での学び」と「フィールドでの学び」を往還することで、各分野における知識を深め、問題発見・解決能力やコミュニケーション能力、協調性・リーダーシップ力を身につけ、本学の教育方針である「学而事人(学んだことを人々や社会のために役立てる)」を体現しています。
昨年度は、全学にて54クラスのサービス・ラーニングの授業が開講され、全425名の学生が履修しました。結果、昨年度の総活動時間数の総計は約9,574時間、一人あたり約23時間となりました。なお、フィールドは国内外の広範囲に渡ります。
詳細は、添付資料をご参照ください。

お問い合わせ

桜美林大学基盤教育インスティテュート サービス・ラーニング・センター
Email : slc@obirin.ac.jp

最新のお知らせ

田部幹也選手が箱根駅伝「関東学生連合チーム」選手に決定

2017/10/17

10月14日に立川市で行われた「第94回東京箱根間往復大学駅伝競走予選会」におい…

続きを読む

草の根プロジェクト20周年記念展示

2017/10/17

草の根国際理解教育支援プロジェクトが、今年度で活動開始から20周年を迎えたことを…

続きを読む

キサイサ選手が個人1位、チームも過去最高の21位-箱根駅伝予選会

2017/10/16

陸上競技部駅伝チームが、10月14日に立川市で行われた「第94回東京箱根間往復大…

続きを読む

ページトップ