「日本教育学会第76回大会」本学にて開催

2017/08/30


Barbara Madeloniさんによる報告

8⽉25⽇(⾦)〜27⽇(⽇)の3⽇間にわたって、⽇本教育学会第76回⼤会が桜美林⼤学町⽥キャンパスで開催されました。会員数約3000人という⼤きな学会の⼤会が本学で開催されるのは初めてですが、⼤会実⾏委員会の中村雅⼦委員⻑(リベラルアーツ学群教授)をはじめ、関係者が1年以上前から⼊念な準備をして臨みました。
幼児教育から教育⾏財政、世界の教育改⾰動向まで幅広い分野の⾃由研究発表やラウンドテーブルが多数⾏われ、シンポジウムと課題研究もそれぞれ二つ⾏われました。
26日(土)の総会では三谷高康学長が歓迎のあいさつをし、学園創立者・清水安三の足跡を紹介しました。


通訳をする中村教授(左)

シンポジウムⅠ(公開・国際シンポジウム)
American Educational Landscape and Emerging Resistance
シンポジウムⅡ
教育政策のグローバライゼーションのもとにおける「比較」の新しい意味
課題研究Ⅰ
教師教育の改革動向をどう受け止めるか
課題研究Ⅱ
学力テスト体制と見えない排除

3⽇間の登録参加者数は693人、臨時営業した「桜カフェⅡ」と「Café corner」もランチと懇親会とも好評でした。学生67人もスタッフとして活躍しました。

お問い合わせ

桜美林学園 学園広報室
TEL : 042-797-9772

最新のお知らせ

境川クリーンアップ作戦 町田市倫理法人会で本学学生が調査結果を発表

2017/11/15

町田市と相模原市のコミュニティーの活性化を目的とした「境川クリーンアップ作戦」。…

続きを読む

芸術文化学群映画専修初の劇場用映画「やがて水に帰る」12/2(土)公開

2017/11/13

芸術文化学群映画専修初の劇場用映画「やがて水に帰る」が、12月2日(土)から渋谷…

続きを読む

老年学研究科が東京老人保健施設協会と推薦入試に関する協定を締結

2017/11/10

桜美林大学大学院老年学研究科は、一般社団法人東京老人保健施設協会(東京都新宿区、…

続きを読む

ページトップ