西武信用金庫と協定締結

2016/12/23

12月22日(木)、桜美林大学と西武信用金庫(本店:東京都中野区)は「地域の活性化と産業の振興を図るため相互に協力し、地域社会の発展に寄与すること」を目的とした包括的連携・協力協定を締結しました。 この日、本学学長室で行われた調印式では、西武信用金庫の落合寛司理事長(写真右)と三谷高康学長が協定書に署名。2019年4月に新宿百人町に新キャンパスを開設し、ビジネスマネジメント学群が移転する計画を紹介した三谷学長は、「地元で強力なビジネス・ネットワークをお持ちの金融機関と連携できることは、本学の学生たちにとってインターンシップの 機会や共同プロジェクトの可能性が広がり、大変心強いことです」と述べました。

お問い合わせ

桜美林学園 学園広報室
TEL : 042-797-9772

最新のお知らせ

境川クリーンアップ作戦 町田市倫理法人会で本学学生が調査結果を発表

2017/11/15

町田市と相模原市のコミュニティーの活性化を目的とした「境川クリーンアップ作戦」。…

続きを読む

芸術文化学群映画専修初の劇場用映画「やがて水に帰る」12/2(土)公開

2017/11/13

芸術文化学群映画専修初の劇場用映画「やがて水に帰る」が、12月2日(土)から渋谷…

続きを読む

老年学研究科が東京老人保健施設協会と推薦入試に関する協定を締結

2017/11/10

桜美林大学大学院老年学研究科は、一般社団法人東京老人保健施設協会(東京都新宿区、…

続きを読む

ページトップ