野球部、関東大会優勝して明治神宮大会へ

2016/11/03


一回途中からリリーフして好投した安田颯投手

11月3日(木)、横浜スタジアムで行われた関東地区大学野球選手権大会・決勝で上武大学(関甲新学生野球連盟1位)と対戦した本学は、延長12回6対5で激戦を制し、初の同大会優勝に輝きました。次の舞台は11月11日(金)から神宮球場で始まる秋の全国大会である明治神宮野球大会。全国各地の代表(11校)が集まる今年の大学野球総決算の場で、「日本一」に挑戦します。
1976年(昭和51年)、桜美林高校が夏の甲子園大会で「初出場・初優勝」して以来40年の時を経て、今度は大学野球の聖地・神宮球場で「初出場・初優勝」を目指します。

沼田主将は「初回に5点取られましたが、自信を持って戦うことができ逆転できました。優勝して勢いも乗ってきているので、明治神宮でも一戦一勝で頑張りたいです」と意気込みを語りました。

大会最優秀選手賞 沼田涼選手
最優秀投手賞   佐々木千隼選手



優勝旗を受けとる沼田涼主将


お問い合わせ

桜美林学園 学園広報室
TEL : 042-797-9772

最新のお知らせ

境川クリーンアップ作戦 町田市倫理法人会で本学学生が調査結果を発表

2017/11/15

町田市と相模原市のコミュニティーの活性化を目的とした「境川クリーンアップ作戦」。…

続きを読む

芸術文化学群映画専修初の劇場用映画「やがて水に帰る」12/2(土)公開

2017/11/13

芸術文化学群映画専修初の劇場用映画「やがて水に帰る」が、12月2日(土)から渋谷…

続きを読む

老年学研究科が東京老人保健施設協会と推薦入試に関する協定を締結

2017/11/10

桜美林大学大学院老年学研究科は、一般社団法人東京老人保健施設協会(東京都新宿区、…

続きを読む

ページトップ