全日本学生サーフィン選手権で田岡さん2部門優勝

2016/10/31

2016年度秋季全日本学生サーフィン選手権大会が10月22日〜23日に静岡県下田市の白浜で行われ、リベラルアーツ学群4年の田岡なつみさんが女子ショートボード部門とロングボード部門でダブル優勝をしました。また、彼女が所属する本学学生のサーフィンサークル「サーフメイト」も総合2位という結果を残しました。

田岡さんはJPSA(日本プロサーフィン連盟)が公認するロングボードのプロサーファーとして高校時代から活躍。今季は目標としていたグランドチャンピオンを僅差で逃したものの、2回目の総合2位となりました。

ロングボーダーの田岡さんがショートボード部門に挑戦したのは、オリンピックを意識してのこと。東京オリンピックの正式種目となったサーフィンですが、種目はショートボード部門のみ。そこでオリンピック出場への布石として、ショートボードの特訓して大会へ臨みました。プロも参戦する本大会ショートボード部門での優勝に今後の手応えを感じたそうです。

そして11月には台湾オープン、12月には世界最高峰のロングボーダーが集まるワールド・ロングボード・チャンピオンシップ(中国・海南島)と海外の大会へ参戦する予定です。大会を間近に控え「もちろん優勝しか狙っていません。表彰台で羽織る日の丸のタオルを用意しました」と意気込みを語ってくれました。


ロングボードを操る田岡さん

お問い合せ

学校法人桜美林学園 学園広報室
TEL : 042-797-9772

最新のお知らせ

境川クリーンアップ作戦 町田市倫理法人会で本学学生が調査結果を発表

2017/11/15

町田市と相模原市のコミュニティーの活性化を目的とした「境川クリーンアップ作戦」。…

続きを読む

芸術文化学群映画専修初の劇場用映画「やがて水に帰る」12/2(土)公開

2017/11/13

芸術文化学群映画専修初の劇場用映画「やがて水に帰る」が、12月2日(土)から渋谷…

続きを読む

老年学研究科が東京老人保健施設協会と推薦入試に関する協定を締結

2017/11/10

桜美林大学大学院老年学研究科は、一般社団法人東京老人保健施設協会(東京都新宿区、…

続きを読む

ページトップ