草の根プロジェクトが第20回さがみはら国際交流フェスティバルに出展しました

2016/10/03

10月2日(日)に開催された第20回さがみはら国際交流フェスティバルにて、草の根国際理解教育支援プロジェクト(略称:草の根プロジェクト)が、世界各国の遊び道具と衣装の体験展示を実施しました。会場では、小さなお子さまから保護者の方まで、多種多様なコマやけん玉、ボードゲーム、そして民族衣装を試着しての記念撮影などを、ファシリテーター役の学生スタッフとともに楽しんでいただきました。1日を通してのべ約230人が来場されました。

また、今回より配布を開始した「草の根プロジェクトキッズファンクラブパスポート」では、早速多くの子どもたちが「ミッション」に挑戦し、オリジナルグッズを獲得しました。今後もパスポートは、草の根プロジェクトが実施する展示やワークショップで配布します。 次回は、10月16日(日)に第4回 ユニコムプラザさがみはらまちづくりフェスタにて、ワークショップ『世界で有名なボードゲーム「マンカラ」を遊んで作って持ち帰ろう!』を実施します。ご参加をお待ちしています。(詳細は後日ご案内します)

お問い合わせ

草の根国際理解教育支援プロジェクト
TEL : 042-797-2745
Email : kusanone@obirin.ac.jp

最新のお知らせ

境川クリーンアップ作戦 町田市倫理法人会で本学学生が調査結果を発表

2017/11/15

町田市と相模原市のコミュニティーの活性化を目的とした「境川クリーンアップ作戦」。…

続きを読む

芸術文化学群映画専修初の劇場用映画「やがて水に帰る」12/2(土)公開

2017/11/13

芸術文化学群映画専修初の劇場用映画「やがて水に帰る」が、12月2日(土)から渋谷…

続きを読む

老年学研究科が東京老人保健施設協会と推薦入試に関する協定を締結

2017/11/10

桜美林大学大学院老年学研究科は、一般社団法人東京老人保健施設協会(東京都新宿区、…

続きを読む

ページトップ