学而館壁面に「学而事人」の大サインを設置

2016/05/06

大型連休中に本学・学而館の町田街道側壁面に「学而事人」の大サインが設置されました。今年は桜美林大学創立50周年という節目の年であり、5年後の2021年には学園創立100周年を迎える桜美林学園は、時代や社会の変化に適切に対応していくため、第2次中期目標を策定し、全教職員が方向性を共有して学園のミッションである「キリスト教精神に基づく国際人の育成」に努めています。

「学而事人(がくじじじん)」という言葉は学園創立者・清水安三先生が唱えたもので、「学びて人に事える(つかえる=仕える)」を意味しています。これは「学問のために学問をするのではない」、「自己の教養のために学問するのでもない」、「学んだことを人のため、社会のために活かす」という精神です。
桜美林学園のモットーであるこの言葉をあらためて広く周知するため、清水先生の直筆書体で制作された大サインが輝きはじめました。

お問い合わせ

学校法人桜美林学園 学園広報室
TEL : 042-797-9772

最新のお知らせ

境川クリーンアップ作戦 町田市倫理法人会で本学学生が調査結果を発表

2017/11/15

町田市と相模原市のコミュニティーの活性化を目的とした「境川クリーンアップ作戦」。…

続きを読む

芸術文化学群映画専修初の劇場用映画「やがて水に帰る」12/2(土)公開

2017/11/13

芸術文化学群映画専修初の劇場用映画「やがて水に帰る」が、12月2日(土)から渋谷…

続きを読む

老年学研究科が東京老人保健施設協会と推薦入試に関する協定を締結

2017/11/10

桜美林大学大学院老年学研究科は、一般社団法人東京老人保健施設協会(東京都新宿区、…

続きを読む

ページトップ