柔道・中国ナショナルチーム関係者が桜美林大学柔道部を視察

2015/12/02

12月2日(水)、柔道の国際大会「グランドスラム東京(12月4日~6日)」に出場するため来日中の中国ナショナルチームの関係者(計6名)が本学柔道部を視察に訪れました。
視察の目的は「リオ、東京オリンピックに向けての強化方法の研究」とのことで、本学以外にも講道館、小学生向けの強豪柔道場、他大学なども訪問される予定です。
 

柔道場での稽古では、高峰(ガオ ファン、アテネオリンピック・銅メダリスト、写真左)さんと高建華(ガオ ジェンフア、四川省成都市柔道協会会長、写真右)さんが柔道着に着替えて、桜美林大学柔道部の和田部長をはじめ松ノ下監督や江藤コーチの説明を聞きながら、稽古中の部員の組手を確認したり、実際に組んだりしながら、熱心に視察されました。

最新のお知らせ

境川クリーンアップ作戦 町田市倫理法人会で本学学生が調査結果を発表

2017/11/15

町田市と相模原市のコミュニティーの活性化を目的とした「境川クリーンアップ作戦」。…

続きを読む

芸術文化学群映画専修初の劇場用映画「やがて水に帰る」12/2(土)公開

2017/11/13

芸術文化学群映画専修初の劇場用映画「やがて水に帰る」が、12月2日(土)から渋谷…

続きを読む

老年学研究科が東京老人保健施設協会と推薦入試に関する協定を締結

2017/11/10

桜美林大学大学院老年学研究科は、一般社団法人東京老人保健施設協会(東京都新宿区、…

続きを読む

ページトップ