チリのアンドレス・ベージョ大学と協定を締結

2015/11/06

桜美林大学は、11月5日にチリにある大学、アンドレス・ベージョ大学と協定を締結しました。

同大学は1988年に設立され、現在はチリで最も規模が大きい私立大学です。2012年QS World University Rankingでは、チリ国内の全大学で9位、私立大学では2位にランクされました。
医学、薬学、看護学、建築、生物学、ジャーナリズム、歴史、文学、芸術など、様々な学位を取得できる総合大学です。
Santiago、Vina del Mar、Concepcionの3都市にキャンパスを擁しています。

今後は、教員の研究交流、学生の交換留学で交流を深めていく予定です


(左から)三谷高康学長、佐藤東洋士理事長、
     Jose Rodriguez学長、Cecilia Reyes夫人

お問合せ

学校法人桜美林学園 学園広報室
TEL : 042-797-9772

最新のお知らせ

境川クリーンアップ作戦 町田市倫理法人会で本学学生が調査結果を発表

2017/11/15

町田市と相模原市のコミュニティーの活性化を目的とした「境川クリーンアップ作戦」。…

続きを読む

芸術文化学群映画専修初の劇場用映画「やがて水に帰る」12/2(土)公開

2017/11/13

芸術文化学群映画専修初の劇場用映画「やがて水に帰る」が、12月2日(土)から渋谷…

続きを読む

老年学研究科が東京老人保健施設協会と推薦入試に関する協定を締結

2017/11/10

桜美林大学大学院老年学研究科は、一般社団法人東京老人保健施設協会(東京都新宿区、…

続きを読む

ページトップ