「第2回相模台インターナショナルフェスタ」に草の根国際理解教育支援プロジェクトが出展

2015/05/19

5月17日(日)に開催された「第2回相模台インターナショナルフェスタ」に、草の根国際理解教育支援プロジェクト(略称:草の根プロジェクト)が、世界の遊び道具の体験展示を出展しました。
今回の展示では、日本を含め14カ国から集めたコマやけん玉、テーブルゲームなど計37点を展示し、学生スタッフのサポートの下、小さな子どもたちから保護者の皆さままで多くの方に楽しんでいただきました。
学生スタッフも含め、幅広い世代が多種多様な遊びを一緒に夢中で楽しむ姿が見られ、こうした遊びを通した関わり合いが、それぞれに新たな気づき、学びを与える機会になったのではないでしょうか。
草の根プロジェクトは、こうした世界各国から収集した「実物」や本学の「留学生」を教育資源として活用し、地域の教育を支援するアウトリーチ活動に取り組んでいます。こうした地域のイベントへの出展は今後も実施する予定です。ぜひご参加ください。

お問い合わせ

草の根国際理解教育支援プロジェクト
TEL : 042-797-2745
FAX : 042-797-2745
Email : kusanone@obirin.ac.jp

最新のお知らせ

境川クリーンアップ作戦 町田市倫理法人会で本学学生が調査結果を発表

2017/11/15

町田市と相模原市のコミュニティーの活性化を目的とした「境川クリーンアップ作戦」。…

続きを読む

芸術文化学群映画専修初の劇場用映画「やがて水に帰る」12/2(土)公開

2017/11/13

芸術文化学群映画専修初の劇場用映画「やがて水に帰る」が、12月2日(土)から渋谷…

続きを読む

老年学研究科が東京老人保健施設協会と推薦入試に関する協定を締結

2017/11/10

桜美林大学大学院老年学研究科は、一般社団法人東京老人保健施設協会(東京都新宿区、…

続きを読む

ページトップ