音楽専修 松岡教授が編曲した「銀河鉄道999」が淵野辺駅メロに

2014/06/16


6月13日にはお披露目式が行われ、発車メロディーを
元にした生演奏を訪れた人は楽しんだ。
松岡先生(写真手前左)と音楽専修生。

音楽専修の松岡邦忠教授がアニメ「銀河鉄道999」の主題歌をアレンジした曲が、6月14日からJR横浜線淵野辺駅での発車メロディーとして使用されています。

発車メロディーの変更は、宇宙航空研究開発機構(JAXA)相模原キャンパスの最寄り駅でもある淵野辺駅周辺地域を「銀河のまち」として活性化しようという地元住民の要望によるもので、地域の人々によるアンケートで同曲が選ばれました。


加山俊夫相模原市長(左から4番目)と松岡先生
(左から5番目)を音楽専修生で囲んで。

地元になじみの深い本学に編曲の依頼をいただき、ホルン奏者で、オペラ『オーロラの国から来た少女』の作曲を手掛ける松岡教授がアレンジを行いました。1コーラスが約15秒で、上り側が「出だし部分」、下り側が「サビ部分」になっています。

「毎日、電車に乗り降りする人が爽やかに聞けることと、行動に活気を持つことができるように心掛けました。また、上り下りともハ長調で編曲し、上下線の音楽が同時に流れても濁りが少ないようにしています。視力が弱い方にも電車の行き先が伝わるように、上りの前奏はソドレソの上昇形、下りはドシソレという下降形で始めています」(松岡先生)。

お問い合わせ

桜美林大学 入試広報センター
TEL : 042-797-9772

最新のお知らせ

境川クリーンアップ作戦 町田市倫理法人会で本学学生が調査結果を発表

2017/11/15

町田市と相模原市のコミュニティーの活性化を目的とした「境川クリーンアップ作戦」。…

続きを読む

芸術文化学群映画専修初の劇場用映画「やがて水に帰る」12/2(土)公開

2017/11/13

芸術文化学群映画専修初の劇場用映画「やがて水に帰る」が、12月2日(土)から渋谷…

続きを読む

老年学研究科が東京老人保健施設協会と推薦入試に関する協定を締結

2017/11/10

桜美林大学大学院老年学研究科は、一般社団法人東京老人保健施設協会(東京都新宿区、…

続きを読む

ページトップ