フォーリン・プレスセンター 赤阪理事長 講演会

2014/11/26

11月21日(金)、公益財団法人フォーリン・プレスセンターの赤阪清隆理事長による講演会「グローバル社会で活躍するための秘訣-国連事務次長の体験を踏まえて-」が町田キャンパスで行われました。
赤阪理事長は、1971年外務省に入省後、GATT(関税及び貿易に関する一般協定)やWHO(世界保健機関)事務局に勤務、その後、国連日本政府代表部大使、OECD(経済協力開発機構)事務次長を経て、2007年から2012年まで国連広報担当事務次長(広報局長)を務められました。
今回の講演は、本学大学院国際学研究科の松本好隆先生とリベラルアーツ学群の牧田東一先生の合同授業として行われ、約200名の学生・教職員が聴講しました。

赤阪理事長は、「国際機関などのグローバルな職場で働く日本人の数があまりにも少ない。どうしたら世界の競争相手と伍して戦えるか、その極意を皆さんに教えます」と大変丁寧かつ熱意を込めて、永年のご経験に基づく示唆に富んだお話をされました。講演後の質疑応答で「将来、国連で働きたい」という学生に対して、数々の具体的アドバイスもされ、最後に松本先生から「桜美林からどんどん国際機関職員を輩出していきましょう」とのエールが学生に対して送られました。

お問い合わせ

入試広報センター
TEL : 042-797-9772

最新のお知らせ

境川クリーンアップ作戦 町田市倫理法人会で本学学生が調査結果を発表

2017/11/15

町田市と相模原市のコミュニティーの活性化を目的とした「境川クリーンアップ作戦」。…

続きを読む

芸術文化学群映画専修初の劇場用映画「やがて水に帰る」12/2(土)公開

2017/11/13

芸術文化学群映画専修初の劇場用映画「やがて水に帰る」が、12月2日(土)から渋谷…

続きを読む

老年学研究科が東京老人保健施設協会と推薦入試に関する協定を締結

2017/11/10

桜美林大学大学院老年学研究科は、一般社団法人東京老人保健施設協会(東京都新宿区、…

続きを読む

ページトップ