相模原はやぶさリレーマラソンで真也加・駅伝監督がゲストラン

2014/11/04


加山俊夫相模原市長の挨拶
壇上右から真也加駅伝監督、渋井陽子さん

11月1日(土)、相模原市の相模原総合補給廠で開催された第2回相模原はやぶさリレーマラソンに本学の真也加ステファン駅伝監督がゲストランナーとして出場しました。 この大会は昨年から始まった市民参加型イベントで、同市に拠点を置く宇宙航空研究開発機構(JAXA)の小惑星探査機・はやぶさプロジェクトのように、「あきらめない心、チャレンジする精神」をマラソンを通じて発信するもので、今年は187チーム(1223人)が出走しました。


ランナー目線で呼びかける真也加駅伝監督

真也加駅伝監督は、もう一人のゲストランナーである渋井陽子さん(1万メートル・日本記録/北京五輪日本代表、女子マラソン日本歴代2位記録)と並んで開会式に登壇、「今日は路面が濡れて滑りやすくなっています。みなさん、事故やケガのないよう楽しんで走りましょう!」とランナーらしい観点から呼びかけました。


周回コースを走る真也加駅伝監督

スタート後は真也加駅伝監督も一般市民ランナーに混じって周回コースを軽快に走り、大会の盛り上げ役として大活躍の一日でした。

お問い合せ

桜美林大学 入試広報センター
TEL : 042-797-9772

最新のお知らせ

境川クリーンアップ作戦 町田市倫理法人会で本学学生が調査結果を発表

2017/11/15

町田市と相模原市のコミュニティーの活性化を目的とした「境川クリーンアップ作戦」。…

続きを読む

芸術文化学群映画専修初の劇場用映画「やがて水に帰る」12/2(土)公開

2017/11/13

芸術文化学群映画専修初の劇場用映画「やがて水に帰る」が、12月2日(土)から渋谷…

続きを読む

老年学研究科が東京老人保健施設協会と推薦入試に関する協定を締結

2017/11/10

桜美林大学大学院老年学研究科は、一般社団法人東京老人保健施設協会(東京都新宿区、…

続きを読む

ページトップ