秋学期 新規留学生191人

2014/09/22


消火器の使い方の指導を受ける留学生

2014年度秋学期、新たに世界16カ国・地域から191人の留学生(正規生、交換留学生、別科生)を迎え、9月上旬から約2週間のオリエンテーションを終えました。

地域の紹介や日本での規律、PCのセットアップや修得する単位などについての「サバイバル&アカデミックオリエンテーション」は中国語、英語、コリア語の3カ国語で実施されました。「防災訓練」では東京消防庁の方から地震や火災への対応を学び、実際に消火器訓練も行いました。また、ゴミ出しのルールや生活マナーを教える「ハウジングオリエンテーション」も今学期から始めました。


ウエルカムパーティでの一コマ

日本人学生がキャンパス内を案内したり、役所の手続きに同行したり、ウェルカムパーティーも企画したりと、留学生の生活をサポートしています。

9月19日から授業が始まりました。留学生たちは地域の祭りや郊外で行うインターナショナルキャンプなどキャンパス外での活動にも参加する予定です。

お問い合せ

桜美林大学 入試広報センター
TEL : 042-797-9772

最新のお知らせ

境川クリーンアップ作戦 町田市倫理法人会で本学学生が調査結果を発表

2017/11/15

町田市と相模原市のコミュニティーの活性化を目的とした「境川クリーンアップ作戦」。…

続きを読む

芸術文化学群映画専修初の劇場用映画「やがて水に帰る」12/2(土)公開

2017/11/13

芸術文化学群映画専修初の劇場用映画「やがて水に帰る」が、12月2日(土)から渋谷…

続きを読む

老年学研究科が東京老人保健施設協会と推薦入試に関する協定を締結

2017/11/10

桜美林大学大学院老年学研究科は、一般社団法人東京老人保健施設協会(東京都新宿区、…

続きを読む

ページトップ