性感染症啓発活動のポスター発表で、本学の学生が受賞

2014/09/12

第52回全国大学保健管理研究集会が9月4日慶應義塾大学三田キャンパスで開催され、本学の学生が「学生主体・保健所との連携によるSTI(性感染症)啓発キャンペーン活動報告」をポスター発表し、優秀演題に選ばれました。


代表でポスター発表をする石川さん

本学の学生センターでは、「社会に柔軟に適応し、自らの能力を十分に発揮できる人間形成」「こうした人材を育てうるコミュニティ形成」という2つの目標に向けて様々な取り組みを行っており、STI啓発活動はその取り組みの一つです。若者たちを中心に拡大しているSTIについてもっとたくさんの人たちに知ってもらおうと、学生が主体的に参加し、保健衛生支援室と共同で進めたもので、2012年度から大学祭で啓発キャンペーンを行っています。

今回の発表は2013年度の大学祭での活動報告で、「STIは決して他人ごとではない、自分自身の身近な問題として捉えてほしい」「正しい知識を身につけてほしい」「困った時に相談や検査を受けることができる」ということを、より多くの学生たちに啓発することを目的とした、学生目線で展開した内容でした。


李副学長から表彰状が手渡された
(左から)
佐藤璃奈さん(リベラルアーツ学群4年)
李光一副学長(学生部長)
石川彩季さん(リベラルアーツ学群4年)

この研究会では、学生が研究発表を行うのは非常に珍しく、全国の約225大学から集まった専門家の中、学生による堂々としたプレゼンは参加者から大きな注目を浴びました。報告を受けた学生センター部長の李光一副学長は「ユニークで素晴らしい取り組み」と評価。今回発表を行った石川彩季さんは「他大学とも連携できれば」と今後の抱負を述べました。

この活動は、CM動画が町田駅前の大型テレビに放映されたり、学生メンバーの要望により保健所がリーフレットを作成し、市内の中学校・高等学校・大学へ配布されるなど、学外へも広がりをみせています。今年度の大学祭では「恋人ができる前に知っておくべきこと」というテーマを掲げ活動を行います。

お問い合わせ

桜美林大学 学生生活支援課 保健衛生支援室

TEL : 042-797-6821

最新のお知らせ

境川クリーンアップ作戦 町田市倫理法人会で本学学生が調査結果を発表

2017/11/15

町田市と相模原市のコミュニティーの活性化を目的とした「境川クリーンアップ作戦」。…

続きを読む

芸術文化学群映画専修初の劇場用映画「やがて水に帰る」12/2(土)公開

2017/11/13

芸術文化学群映画専修初の劇場用映画「やがて水に帰る」が、12月2日(土)から渋谷…

続きを読む

老年学研究科が東京老人保健施設協会と推薦入試に関する協定を締結

2017/11/10

桜美林大学大学院老年学研究科は、一般社団法人東京老人保健施設協会(東京都新宿区、…

続きを読む

ページトップ