2014年度 春学期学位授与式を挙行しました

2014/09/04


式典会場の荊冠堂チャペル

2014年度春学期桜美林大学学位授与式が9月4日、町田キャンパスの荊冠堂チャペルにおいてキリスト教礼拝形式で執り行われました。

春学期の学位授与者は、学士課程99人、博士前期課程・修士課程31人、博士後期課程4人の合計134人です。学群長や大学院部長から名前を読み上げられた学生は、三谷高康学長から一人ひとり学位記を手渡されました。


学長と握手を交わす学士課程留学生

三谷学長は式辞で次のように述べ、卒業生を送り出しました。
「卒業は終わりではなく、始まりです。卒業後の人生において、自分ではままならないこと、苦しいことやつらいこともあると思います。そのような時でも人や時間、いろいろなものが助けてくれるでしょう。桜美林学園の創立者清水安三は『為ん方尽くれども希望を失わず』(コリントの信徒への手紙II第4章8節)とよく言っていました


式辞を述べる三谷学長

神様は乗り越えられない試練は与えません。どのような状況でもこの言葉を忘れず、希望を失わないでほしいと思います。人生には余裕も必要です。のびのびと堂々と余裕をもって歩んでいってください。桜美林大学は誇りをもって卒業生のみなさん一人ひとりを支援し続けていきます。Good luck!」

*桜美林大学はセメスター制度を採用しており、年2回入学と卒業の機会があります。

お問合せ

桜美林大学 入試広報センター
TEL : 042-797-9772

最新のお知らせ

境川クリーンアップ作戦 町田市倫理法人会で本学学生が調査結果を発表

2017/11/15

町田市と相模原市のコミュニティーの活性化を目的とした「境川クリーンアップ作戦」。…

続きを読む

芸術文化学群映画専修初の劇場用映画「やがて水に帰る」12/2(土)公開

2017/11/13

芸術文化学群映画専修初の劇場用映画「やがて水に帰る」が、12月2日(土)から渋谷…

続きを読む

老年学研究科が東京老人保健施設協会と推薦入試に関する協定を締結

2017/11/10

桜美林大学大学院老年学研究科は、一般社団法人東京老人保健施設協会(東京都新宿区、…

続きを読む

ページトップ