本学の学生がASPIRE Japan として韓国で研究成果を発表

2014/09/04


ASPIRE Japanとして参加した学生4人

8月28日、韓国のソウルで開かれたUNAIの第2回世界会議(The 2nd UNAI Collegian Research Paper Contest & Global Conference)において、本学の学生を中心に構成されたASPIRE Japanが研究成果を発表し表彰されました。

【写真】左から半田さん、片桐さん、田代さん、小笠原さん


表彰式

昨年に続き2回目となった今回のコンテストは、書類審査を経た韓国や日本、ルーマニアなどの学生による研究成果の発表と、国際協力や援助に関する講演会で構成されました。学生の研究テーマは、Post-MDGs*をベースとした上で、環境技術と教育の2つに分けられています。ASPIRE Japanは、教育分野において「教員養成システムと大学生の関わり」について発表をしました。韓国の政府関係者や大学生をはじめ、国連やUNAIの関係者、海外からのゲストなどおよそ150人の聴衆が学生たちの発表に耳を傾けました。


ASPIRE JapanとASPIRE Koreaの学生



MDGs
国連ミレニアム宣言を基にまとめられたMDGsは、極度の貧困と飢餓の撲滅など、2015年までに達成すべき8つの目標を掲げています。達成期限である2015年以降の国際開発目標がPost-MDGsで、現在策定に向け国際社会において議論されています。

ASPIRE Japan
小笠原 惇也さん(桜美林大学大学院言語教育研究科英語教育専攻1年)
半田 さくらさん(桜美林大学リベラルアーツ学群4年)
田代 純一さん(桜美林大学リベラルアーツ学群2年)
片桐 歩さん(麗澤大学外国語学部英語・英米文化専攻3年)

山崎 慎一助手(桜美林大学総合研究機構、グローバル高等教育研究所UNAI国連アカデミックインパクト、引率)

お問い合わせ

グローバル高等教育研究所UNAI国連アカデミックインパクト
Email : jfo_irhe@obirin.ac.jp

最新のお知らせ

境川クリーンアップ作戦 町田市倫理法人会で本学学生が調査結果を発表

2017/11/15

町田市と相模原市のコミュニティーの活性化を目的とした「境川クリーンアップ作戦」。…

続きを読む

芸術文化学群映画専修初の劇場用映画「やがて水に帰る」12/2(土)公開

2017/11/13

芸術文化学群映画専修初の劇場用映画「やがて水に帰る」が、12月2日(土)から渋谷…

続きを読む

老年学研究科が東京老人保健施設協会と推薦入試に関する協定を締結

2017/11/10

桜美林大学大学院老年学研究科は、一般社団法人東京老人保健施設協会(東京都新宿区、…

続きを読む

ページトップ