国連アカデミック・インパクト世界会議で佐藤東洋士大学総長が基調講演

2014/09/04


基調講演をする佐藤総長

パン・ギムン国連事務総長のリーダーシップで始まったUNAI(国連アカデミック・インパクト)の第2回世界会議(The 2nd UNAI Collegian Research Paper Contest & Global Conference)が8月28日、韓国・ソウルのコンベンションセンターで開催され、IAUP*会長の佐藤東洋士桜美林学園理事長・桜美林大学総長が基調講演を行いました。

佐藤総長は基調講演で、「社会は様々な異なる文化、異なる宗教、異なる価値観を持つものが協働・協調していくところです。特にそれぞれの国の文化・宗教・歴史を尊重し、互いの立場を理解する必要があります。多様性を尊重するとともに、人の痛みを理解し、相手の立場で物事を考えることができるように、大学人が努力することが求められると信じております。UNAI/ASPIREが人類のため、そして平和のために常に新しい道を切り開く存在でいてほしいと願いつつ、私のメッセージといたします」と述べました。

会議には、ラムー・ダモダランUNAI事務局長をはじめUNAI/ASPIREやUNDP(国連開発計画)関係者、アフリカ・アジア諸国を中心に各国大使を含む政府関係者、大学総長・学長、そして、同時開催された研究報告コンテストに参加する学生たちが集りました。


IAUP
本学の佐藤総長が会長を務めるIAUP(世界大学総長協会)は、UNAI構想時から積極的支援を続けています。桜美林大学はIAUP主要メンバーとして、そしてUNAIの世界拠点校として積極的に活動しています。

お問い合わせ

グローバル高等教育研究所UNAI国連アカデミックインパクト
Email : jfo_irhe@obirin.ac.jp

最新のお知らせ

境川クリーンアップ作戦 町田市倫理法人会で本学学生が調査結果を発表

2017/11/15

町田市と相模原市のコミュニティーの活性化を目的とした「境川クリーンアップ作戦」。…

続きを読む

芸術文化学群映画専修初の劇場用映画「やがて水に帰る」12/2(土)公開

2017/11/13

芸術文化学群映画専修初の劇場用映画「やがて水に帰る」が、12月2日(土)から渋谷…

続きを読む

老年学研究科が東京老人保健施設協会と推薦入試に関する協定を締結

2017/11/10

桜美林大学大学院老年学研究科は、一般社団法人東京老人保健施設協会(東京都新宿区、…

続きを読む

ページトップ