本学の学生がASPIRE Japan としてIAUP総会に参加

2014/06/25


Peter Launsky-Tieffenthal 国連事務次長、Ramu Damodaran国連UNAI/ASPIRE局長、
根本かおる東京国連広報センター(UNIC)所長とともに

IAUP* 2014 世界大学総長協会横浜総会(会期:6月11-14日、於:パシフィコ横浜)において、総会として初めての試みとなるUNAI(国連アカデミック・インパクト)の学生組織であるASPIRE*が主催する未来協奏セッション "Voices of the Future" が開催されました。
【写真】Peter Launsky-Tieffenthal国連事務次長との勉強会。”私たちの前に道はない。私たちの後ろに道はできる。グローバル化する高等教育の未来を自らが積極的に担う決意を共に確認して!”


日本からは、桜美林大学、神戸芸術工科大学、麗澤大学、南山大学、神田外語大学、創価大学等の学生たちで ASPIRE Japan が組織され今回のIAUP総会に参加しました。海外から、UAE、インド、パキスタン、韓国UNAI/ASPIRE、オーストリアUNAI/ASPIRE、黒海地域大学連合UNAI /ASPIREの協力も得て、グローバル時代の高等教育の未来創造を目指すために、学生として何ができるのかをそれぞれ述べました。
【写真】Ban Ki-moon国連事務総長のスピーチライターであるJessica Jijiさんのレクチャー。



セッションで発表する小笠原惇也さん

ASPIRE Japan 代表で桜美林大学大学院1年の小笠原惇也さんは、「この学生セッションを通して感じたのは、機会を提供する重要性です。ASPIREの活動やこのセッションを通して、多くの学生がその機会を生かし、目覚めました。そして目覚めた学生は多くを経験する事で成長し、社会や平和など様々な事に貢献する人となるでしょう。Keep waking students up. 私はそれが高等教育機関に与えられた役割であると信じています。そして私は大学の可能性を信じています」と発表しました。


ASPIRE Japan のメンバーとして参加した桜美林大学の学生たち
小笠原惇也(言語教育研究科英語教育専攻1年)
田中裕貴(健康福祉学群4年)
半田さくら(リベラルアーツ学群4年)
堀越詩帆(リベラルアーツ学群4年)
エルデネバット・ルハムザヤ(リベラルアーツ学群4年)
田代純一(リベラルアーツ学群2年)
宮本裕貴(リベラルアーツ学群2年)

IAUP: International Association of University Presidents は、世界の高等教育の質の向上や、教育を通し平和の構築及び国際理解を推進するために設立された機関で、世界の大学の学長や高等教育機関の総長らによって構成されています。

ASPIRE:Action by Students to Promote Innovation and Reform through Educationは、桜美林大学が世界拠点校として参加している国連アカデミック・インパクト(United Nations Academic Impact)の学生組織。


セッションを無事終了したASPIREの学生たち

お問い合わせ

桜美林大学 入試広報センター
TEL : 042-797-9772

最新のお知らせ

境川クリーンアップ作戦 町田市倫理法人会で本学学生が調査結果を発表

2017/11/15

町田市と相模原市のコミュニティーの活性化を目的とした「境川クリーンアップ作戦」。…

続きを読む

芸術文化学群映画専修初の劇場用映画「やがて水に帰る」12/2(土)公開

2017/11/13

芸術文化学群映画専修初の劇場用映画「やがて水に帰る」が、12月2日(土)から渋谷…

続きを読む

老年学研究科が東京老人保健施設協会と推薦入試に関する協定を締結

2017/11/10

桜美林大学大学院老年学研究科は、一般社団法人東京老人保健施設協会(東京都新宿区、…

続きを読む

ページトップ