BM4年 金田紗弥さんが本学初「国際交流基金JOIプログラムの派遣者」に内定

2014/02/28

ビジネスマネジメント学群4年の金田紗弥さん(2014年3月卒業予定)が、本学からは初めて、国際交流基金日米センターと米国の非営利団体ローラシアン協会が共同で実施するJOI*プログラムの第13期(2014年度派遣)コーディネーターに内定しました。

JOIプログラムは日本への関心・理解が深まるよう、地域の草の根交流の担い手を育成する目的で米国に2年間コーディネーターを派遣する事業です。コーディネーターは日米協会や大学などに派遣され、学校やコミュニティーを訪問して日本の文化や社会の紹介や様々な活動を現地で展開します。

金田さんは本学の留学制度を利用し、3年次秋から約1年間米国のWestern Carolina University で学びました。帰国後このプログラムにチャレンジし、全国の応募者の中から選抜され、派遣者5人の中の1人に内定しました。派遣先はまだ決まっていませんが、5月からの研修を経て今年夏から2年間、米国と日本の架け橋となる活動を行う予定です。

*JOI(ジョイ)とは、英名:Japan Outreach Initiative、和名:日米草の根交流コーディネーター派遣の略です。

お問い合わせ

桜美林大学 入試広報センター
TEL : 042-797-9772

最新のお知らせ

境川クリーンアップ作戦 町田市倫理法人会で本学学生が調査結果を発表

2017/11/15

町田市と相模原市のコミュニティーの活性化を目的とした「境川クリーンアップ作戦」。…

続きを読む

芸術文化学群映画専修初の劇場用映画「やがて水に帰る」12/2(土)公開

2017/11/13

芸術文化学群映画専修初の劇場用映画「やがて水に帰る」が、12月2日(土)から渋谷…

続きを読む

老年学研究科が東京老人保健施設協会と推薦入試に関する協定を締結

2017/11/10

桜美林大学大学院老年学研究科は、一般社団法人東京老人保健施設協会(東京都新宿区、…

続きを読む

ページトップ