2013年度秋学期入学式挙行

2013/09/17

2013年度桜美林大学秋学期入学式が、9月17日町田キャンパスの荊冠堂チャペルにおいて執り行われました。

新入生を代表して大学院言語教育研究科日本語教育専攻の陳希(ちん・き)さんが学生宣誓を行い、続けて三谷高康学長が学群生9人、大学院博士前期課程・修士課程31人、博士後期課程3人の計43人の入学を許可しました。


新入生代表の陳希さん

三谷学長は「桜美林大学の教職員を代表して、大きな喜びを持って歓迎します」と式辞を始め、桜美林学園で学んだ人々のことを「オベリンナー」と呼ぶことを紹介し、オベリンナーとして知っておいてほしいこととして、本学のモットーである「学而事人(がくじじじん)」※について説明しました。
次に、「わたしたちは見えるものではなく、見えないものに目を注ぎます。見えるものは過ぎ去りますが、見えないものは永遠に存続するからです」という聖書の言葉から、目に見えないものを見抜く力、存在の彼方にある真理を見ぬく力を身につけてほしいと述べました。


式辞を述べる三谷学長

そして最後に、卒業する時「自分は桜美林大学に育ててもらった」という思いと同時に「桜美林大学を育てた」という気概をもてるよう学んでいってほしいと結びました。


※学園創立者の清水安三が説いた、学問は自分の利益のためにするのではなく、隣人や社会のために役立てるためにするものだという考え。

お問い合わせ

桜美林大学 入試広報センター
TEL : 042-797-9772

最新のお知らせ

境川クリーンアップ作戦 町田市倫理法人会で本学学生が調査結果を発表

2017/11/15

町田市と相模原市のコミュニティーの活性化を目的とした「境川クリーンアップ作戦」。…

続きを読む

芸術文化学群映画専修初の劇場用映画「やがて水に帰る」12/2(土)公開

2017/11/13

芸術文化学群映画専修初の劇場用映画「やがて水に帰る」が、12月2日(土)から渋谷…

続きを読む

老年学研究科が東京老人保健施設協会と推薦入試に関する協定を締結

2017/11/10

桜美林大学大学院老年学研究科は、一般社団法人東京老人保健施設協会(東京都新宿区、…

続きを読む

ページトップ