サービス・ラーニング・センター ボランティア学生が高校で被災地支援活動について講演

2013/05/01

町田市社会福祉協議会から依頼を受け、4月25日にサービス・ラーニング・センターボランティアの山田峻行さん(リベラルアーツ学群2年)が、東京都立町田工業高等学校で講演を行いました。

2年生175名を対象に「体験から経験へ」というタイトルで、これまで1年半にわたり関わり続けてきた東日本大震災の被災地支援活動について、また、そのボランティア活動から得たものについて、高校生に語りかけました。

年齢が近い大学生による発表だったこともあり、高校生は熱心に山田さんの話に耳を傾けていました。

お問い合わせ

基盤教育院 サービス・ラーニング・センター
TEL : 042-797-9217

最新のお知らせ

境川クリーンアップ作戦 町田市倫理法人会で本学学生が調査結果を発表

2017/11/15

町田市と相模原市のコミュニティーの活性化を目的とした「境川クリーンアップ作戦」。…

続きを読む

芸術文化学群映画専修初の劇場用映画「やがて水に帰る」12/2(土)公開

2017/11/13

芸術文化学群映画専修初の劇場用映画「やがて水に帰る」が、12月2日(土)から渋谷…

続きを読む

老年学研究科が東京老人保健施設協会と推薦入試に関する協定を締結

2017/11/10

桜美林大学大学院老年学研究科は、一般社団法人東京老人保健施設協会(東京都新宿区、…

続きを読む

ページトップ