2013年度新任教職員就任式・辞令交付式を執り行いました

2013/04/02


佐藤理事長による辞令交付

2013年度新たに桜美林学園に奉職する教員・職員合計19人の就任式・辞令交付式が、荊冠堂チャペルで執り行われました。

式辞の中でチャプレンの井上大衞先生より、学園で働くもの学ぶものがその年の指針とすべき聖書の言葉である年間聖句「あなたがたの光を人々の前に輝かしなさい(マタイによる福音書 5章16節)」が紹介されました。そして学園のモットーある「学而事人(がくじじじん)」について、「学んだことを人と社会に役立てるという創立者清水安三が大切にしてきたこの言葉を、これから学園で働くみなさんが大切にしてほしい」と説きました。

続く理事長挨拶では佐藤東洋士理事長が、創立者清水安三が言い続けた「教育は愛である」を「愛とは人を大切にすることです。創立者は生涯、人を大切にすることを教え続けました。本学園の建学の精神である国際的人材の育成とは、人を大切にすること、相手の文化や考え方を理解して尊重し、コミュニケーション力を備えることとも言えます。新しく教員として、職員として働くみなさんはこの創立者の精神を共有して仕事をしていただきたい。設置校、専門性、事務職、教職を問わず全員が良きパートナーシップを保ってほしいと期待しています。みなさんを心より歓迎します」と述べました。

お問い合わせ

桜美林大学 入試広報センター
TEL : 042-797-9772

最新のお知らせ

境川クリーンアップ作戦 町田市倫理法人会で本学学生が調査結果を発表

2017/11/15

町田市と相模原市のコミュニティーの活性化を目的とした「境川クリーンアップ作戦」。…

続きを読む

芸術文化学群映画専修初の劇場用映画「やがて水に帰る」12/2(土)公開

2017/11/13

芸術文化学群映画専修初の劇場用映画「やがて水に帰る」が、12月2日(土)から渋谷…

続きを読む

老年学研究科が東京老人保健施設協会と推薦入試に関する協定を締結

2017/11/10

桜美林大学大学院老年学研究科は、一般社団法人東京老人保健施設協会(東京都新宿区、…

続きを読む

ページトップ